THE FLUTEオンライン記事:「なんて楽しい音楽なんだろう!」THE FLUTE 153 Cover Story|赤木りえ
画像

「なんて楽しい音楽なんだろう!」赤木りえ

THE FLUTE 153 Cover Story|赤木りえ

本誌153号巻頭では、赤木りえさんのライブレポートを兼ねたインタビューをお送りしました。赤木さんの熱気溢れるパワフルな演奏と、その根源に迫るインタビュー。また、今号の特集「フルートでGroove!」でも引き続き、『“グルーヴ感”のある演奏 練習法』と題し、フルートでグルーヴィな演奏をするためのコツをレクチャーしていただきました。

ここでは、本誌でも赤木さんに聞いている「アドリブを自由自在に吹けるようになるためには?」ということについて、もう少し詳しく答えていただきました♪

アドリブをもっと自由に、上手に吹きこなしたい! どうしたらいいですか?

私はまず「歌を歌う」ときのことを思い起こしてみるといいんじゃないかな、と思うんです。同じ曲を、いろんな歌手が歌うことがよくありますよね。それを聴くとわかると思うんですけれど、歌い方も節回しも、人によって全然違います。そのパターンをいろいろ覚えていって、使い回す……アドリブって、まずはそんなイメージなんじゃないかと思います。
上手な歌手はみんな、ここはヴィブラートをかける、ここは喋るように語るように歌う、とか、そういうふうにメリハリのある歌い方をしているでしょう。フルートでメロディを吹くときも、自分が歌うとしたらどういうふうに歌うかな?というのをイメージするといいんじゃないかな。自分が好きな歌、いつも口ずさんでいるような歌がもしあったら、それをフルートに置き換えて考えてみるのもいいですね。
インタビューの中でも少しお話ししましたが、いろんな音楽、そして歌を聴いて、自分の引き出しを増やしていってください。いろんなアドリブを吹けるようになるには、いかに引き出しをたくさん持っているか、ということが大事なポイントになってきますから。

 

- - - - - - - - - - - -

 

本誌特集「フルートでGroove!」の中の【赤木りえが教える“グルーヴ感”のある演奏 練習法】では、“FLUTE ONLINE動画連動企画”として、誌面に掲載した練習法POINTが動画で見られる企画を実施。赤木さんが練習法をわかりやすく、動画で説明してくれます!
動画は、8月中旬アップ予定です。お楽しみに♪

フルートグッズ
フルートコンサートガイド
レッスンマスターッシリーズ

画像

画像
画像