サックス 記事画像

カーク・ウェイラム × 前田サラ 来日インタビュー

THE SAX vol.81 cover story

2016-2017の年末年始にかけて、FOURPLAYの公演で急遽チャック・ローブのピンチ・ヒッターとして来日することになった人気サックス奏者、カーク・ウェイラム。そんな氏に、カウントダウン・ライブの前日、インタビューを行なうことができた。氏と同じゴスペルにルーツを持ち、氏を尊敬してやまないという人気急上昇中の若手サックス奏者、前田サラがインタビュアを務めてくれた。
(インタビュー全文は本誌81号掲載)


サックスとともに歩む人生

(以下、Interviewより一部抜粋/全文はTHE SAX vol.81に掲載)

サラ
カークさんがサックスを始めたきっかけは?
カーク
最初にサックスを見たときは、そのカッコいいルックスに惹かれましたね。最近のテクノロジーの進歩は目を見張るものがありますが、僕がサックスに出会った頃は、サックス自体がすごくハイテクなものに思えたのです。
12歳の頃にはもうサックスを吹いていたのですが、その頃、89歳のサックス吹きの叔父が家に来て、「何か吹けよ」と言われたんです。頑張って吹いてみせたのですが、叔父が「貸してみろ」と言って僕のサックスを吹くと、その音がとても美しくて。その音に惚れて、もっと吹きたいと思うようになりましたね。 まあそういったいろいろなきっかけはあるのですが、結局はサックス吹きになる運命だったのではないかと思います。私は運命を強く信じているんです。
サラ
若い頃にはどのくらい練習をしていたのですか?
カーク
僕は他の人に比べて学ぶスピードが遅いと思っている。だから若い頃は毎日たくさん練習しました。この業界で活躍している他のサックス吹きと比べても、飲み込みが遅いんですよ。演奏がある日は別ですが、今でも通常は毎日少なくとも2時間から3時間は練習しています。
サラ
日本でも若手の、私より若いサックス・プレイヤーもプロを目指す人がたくさん出てきていますが、私を含めて何かアドバイスやメッセージをいただけませんか?
カーク
多くのプレイヤーが、サックスを始めてプロを目指してどういうふうに業界に貢献できるかという道を探ると思うのですが、一番忘れてはならないのは、自分がいる時点ですでに貢献しているということ。神様が作った自分はもう完璧な姿になっているのです。だから別に自分がどうやって業界に貢献するかという道を探る必要はないのです。私はすでに58歳ですが、人生をかけてどういうふうに神様が与えてくれたギフトを使って神様へ貢献できるのかという道を探っているわけです。それが一番重要だと思っています。
カーク・ウェイラム 前田サラ
インタビュー終了間際、カークの仕掛けでいきなり始まった、カーク&サラ2人だけのセッションの様子

Profile
Kirk Whalum(カーク・ウェイラム)
1958年、テネシー州メンフィス生まれ。父親が牧師で、幼い頃からゴスペルやR&Bに親しむ。9歳でドラムを、高校に入るとサックスを演奏し始める。ヒューストンの南テキサス大学に入学、在学中テキサス・テナーのアーネット・コブに魅了され薫陶を受ける。1983年にボブ・ジェームスのグループに入り、プロとしての本格的なキャリアをスタート。1985年にジェームスのサポートによりタッパン・ジー・レコーズから「Floppy Disk」でソロ・デビュー。1980年代後半から1990年代前半にはクインシー・ジョーンズ、ルーサー・ヴァンドロス、アル・ジャロウ、ホイットニー・ヒューストンらと共演。2000年代以降はスムース・ジャズ・ブーム旗頭的存在としても活躍。デイヴ・コーズが主宰するランデヴーからスマッシュ・ヒットを放った。2012年にジョン・コルトレーンとジョニー・ハートマンに捧げたカバー・アルバム「ロマンス・ランゲージ」を、2015年に「The Gospel According to Jazz」第4弾をリリース。〈ユリウス・カイルヴェルト〉専属テスター。
使用楽器:〈ユリウス・カイルヴェルト〉 SX90R ブラック・ニッケル、ネック:“カーク・ウェイラム”シグネチャーモデル、MP:バンドーレV16 T8、リガチャー:バンドーレン オプティマム、リード:バンドーレンV16 4番
カーク・ウェイラム

 

Interviewer
前田サラ(まえださら)
プロテスタント教会の牧師で音楽家の父、音楽好き母の元6人兄弟の長女として育つ。小学4年生のときに神戸に移りドラムの演奏を始め父の教会で演奏を始める。中学校の吹奏楽部ではクラリネットを担当するが、サックスに憧れサックスを手に入れて翌週の日曜日には教会で演奏を始める。16歳で東京に移り、高校に進学せずアルバイトで家計を助けながらサックスの演奏に専念し、家族とともに教会やストリートでも演奏するようになる。17歳のころから東京のライヴ・ハウスのセッションに積極的に参加し、様々なミュージシャンとの交流を重ねる。 19歳の時、自身のリーダー・バンドを結成しプロとして活動を始める。その頃、教会のイベントで渡米した際に世界的なサックス・プレイヤー、ロン・ブラウンと知り合いサックスのレッスンを受け、帰国後もSkypeを通じてのレッスンを2年間受ける。2015年に、リッキー・ピーターソンをプロデューサーに迎えたアルバム「フロム・マイ・ソウル」でビクターエンタテインメントよりメジャー・デビューを果たす。
前田サラ

 

【関連雑誌・キーワード・アーティスト】



リガチャー最前線vol.2(革・紐・木・ファブリッ

05.25.17

金属以外(革・紐・ファブリック・木)の気になるサックスリガチャーを、鈴木 圭氏が徹底検証!


続きを読む>>


-石森管楽器 創業66周年記念イベント-ウッドスト

06.23.17

石森管楽器 創業66周年記念イベント 、Wood Stone Alto Saxophone New Vi
続きを読む>>



マーク・ターナー 現代ジャズテナーサックス界をリー

05.31.17

現代ジャズテナーサックス界をリードする重鎮マーク・ターナー の現代奏法の秘密に、宮地スグルが迫る! 続きを読む>>


ページトップへ

メニューリスト