吹奏楽wind-iオンライン記事:Interview for Future|室町あかり

Interview for Future

室町あかり

室町あかり

これから音楽の道に進もうとしている人たちへ向けての話を伺うこのコーナー。今回は“クラリネット奏者 室町あかり”にインタビュー。クラリネット以外にも、ピアノや歌、運動も得意だという多才な室町さん。実力も去ることながら愛らしいルックスから人気プレイヤーとして大活躍中の彼女も、才能だけではない、見えない緻密な努力があった。

 
――
クラリネットを始めたキッカケを教えてください。
室町
小学4年生のとき入部した吹奏楽部で始めました。どうしても管楽器がやりたくて、最後の一席が空いていたクラリネットパートに入れてもらいました。
のちに中学でも吹奏楽部に入るんですが、6年生のときに金管バンドしかない学校に転校して、クラリネットを吹けない時期が1年間ありました。その1年間でクラリネットへの思いが募ってしまい……。その時にクラリネットに対する思いが大きくなっていきましたね。やりたい気持ちが一層高まったというか。
――
なくなって初めて気づく……ですね。
室町
そうですね。その反動なのか結果、中学校では先生よりもやる気がある生徒でした(笑)。
――
ところで中学生のころにすでにソロコンクールに出ています。どういった経緯で出場したんですか?
室町
私の出た「千葉県吹奏楽個人コンクール」は、中学2年生のときに校内オーディションで上位に入れたので出ることができました。校内オーディションは毎年学校で恒例行事になっていて、県大会に出場する推薦人を部活のみんなで聴き合って挙手制で決めるんです。この頃から母親の勧めで個人レッスンを受け始めましたね。校内で選ばれて、各学校の代表が集まる県大会でいざ本番! なのに当日インフルエンザで意識朦朧の中、お辞儀するのを忘れて演奏した記憶があります……。
――
本番での緊張をほぐすためにしていることはありますか?
室町
つい5年ほど前に気づいたんですが、“お客さんを「仲間」だと思うこと” にしたら、演奏することに対して怖さもなくなって、過度に緊張することがなくなりました。
――
演奏家としてやっていくためにどんな活動をしましたか?
室町
学生生活が終わってからは音楽講師をしたり演奏する機会を設けたり、積極的にチャンスを掴んできました。最近は教室運営と演奏を活動の基本にしていますが、将来的には自分の教室を今よりももっと充実させたいです。
演奏家という職業は安定がないので辛い部分もありますが、本番が終わった時にその「辛い」を上回る、普通の人には味わえない素晴らしいものがあるんです。
室町美玖
――
憧れているプレイヤーはいますか?
室町
藤井一男先生ですね。学生のころ「ローズのエチュード」を演奏する機会があって当時師事していた先生に勧められたのが藤井先生の演奏でした。CDを買ってすぐに車の中で早速聴いて「なんてキレイな音色なんだろう……」と感動しましたね。音楽の奏で方や表現の仕方、人間性も音楽性もすごく好きです。いつか共演してみたいですね。
――
これからどんな音楽をしていきたいですか?
室町
今までは自分の中で「できた」「できなかった」ばかりを考えてきましたが、今は聴いているお客さんが満足してもらえるような音楽をしたいと思うようになってきました。最近はリクエストやアンケートなどとっていて、お客さんの声を大切にしています。
併せて今までやってきたことを活かすために「自分」を表現する場として年1 ~ 2回大きなホールでクラシックだけを演奏する機会を作っています。
――
吹奏楽部のみなさんへお伝えしたいことは?
室町
社会人になると、毎日会うこと、毎日練習に取り組むことができません。今、それができている皆さんだからこそ“ イマ” の時間を大切にして楽しみながら頑張ってください。
――
最後に、夢はありますか?
室町
(武道館で演奏したいです!)と言いつつ、実は今年“ ブルーローズでコンサートをする”という夢を1つ叶えられちゃったんです。
次の夢というか目標はお客さんを増やすこと。自分の音楽性や表現の仕方、アピールや見せ方なども勉強して、ファンや応援してくれる人たちを増やしていきたい。
コツコツの積み重ねが、結果武道館にもつながるといいな……

Profile

室町あかり A k a r i M u r o m a c h i
千葉県出身。3才からピアノ、8才からクラリネットを始める。上野学園大学を首席で卒業後、ジャンルに囚われず、サントリーホールでのリサイタル、ハードロックカフェでのワンマンライブなどの数々の幅広いステージを成功させる。メディアにも多数出演。

CHECK!

室町あかり「Season1」

1stアルバム「Season1」

テーマは、春と夏。すべて、自身のオリジナル作品で、気持ちをリラックスさせる癒しのヒーリング音楽となっている。

 
室町あかり「遠雷」

2ndアルバム「遠雷1」

困難を乗り越えようと立ち向かい何度も撃たれそれでもぶつかりやっと、やっと開けた扉。今、立ち止まり後ろを振り返ると這ってきた道の遥か遠くに、力強く儚い遠雷が見えた。力強く、そして儚いそんな楽曲になっている。

レコチョク・TSUTAYAから配信中。
CD購入は、dream_music_akari@yahoo.co.jpまで。

CLARINET BASIC Lesson Book アトリエMOMO クラリネットリガチャー バスクラリネット エンドピン リリコフルートバッグ
YAMAHA
JVC レッスンマスター TASCAM BGJ 尚美ミュージックカレッジ専門学校 ナイス・インターナショナル 代官山音楽院 国立音楽院 SEIKO メトロノーム チューナー コルグslimpitch アトリエMOMO
これから君もユーフォ吹き&チューバ吹き! 我ら、バリチューアンサンブル!

記事一覧
雑誌 | レッスン | イベント | 人物紹介 | 製品情報 | トピックス