ARTIST
The Clarinet 連載

YoutubeやSNSでも話題のクラリネット奏者の千花音さんの連載第2回は、映画「海獣の子供」主題歌の「海の幽霊」を演奏します!「聴いて」「見て」楽しんでいただける、クラリネットの魅力がたっぷりと詰まったものをお届け!

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet 連載

YoutubeやSNSでも話題のクラリネット奏者の千花音さんの連載がスタートします!「聴いて」「見て」楽しんでいただける、クラリネットの魅力がたっぷりと詰まったものをお届け!

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.69 Close Up2

本誌連載「のらりクラリNET」でもおなじみのジャズ・クラリネットプレイヤー谷口英治氏が、記念すべき10作目となるアルバム「In A Mellow Tone」をリリース。今回は、そのニューアルバムの内容はもちろん、同氏の考えるジャズ、そして演奏のルーツについても訊いた。その一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.69 Zoom In

2016年4月に結成されたクラリネットアンサンブル「tantanto」。竹内久力(1st-Cl)、木山亮子(2nd-Cl)、松本裕三子(3rd-Cl)、𠮷本沙矢(4th-Cl)の4人全員がヤマハのクラリネットを使用している。そのtantantoの1stアルバム「玉手箱」が完成。本誌初登場となるメンバー全員に同アルバムについてのインタビューを敢行しました。その一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.69 Cover Story ルーランド・ヘンドリックス

ベルギーのオーケストラで2017年までの約20年間にわたり首席奏者を務め、マーストリヒト音楽院(オランダ)とルーヴァンLUCA芸術高等学校(ベルギー)にて後進の指導を行なっているルーランド・ヘンドリックス氏が本誌初登場。インタビューの様子をオンラインでも一部ご紹介。

記事を読む>>

ARTIST
THE Clarinet ONLINE 先行記事

クラリネット・ヴィルトオーゾとして知られ、日本でもファンの多いイタリア人奏者コラド・ジェフレディ氏が、今年も来日を果たした。管体にカーボンファイバーを使用したバックーンのニューモデル「CG(コラド・ジェフレディ)カーボン」を日本で初披露するとあって、大きな注目が集まっている。今回はそのニューモデルの魅力、そしてクラリネットへの思いを語ってもらった。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.68 Zoom In 1

オブロークラリネットアンサンブル、ブリッツフィルハーモニックウインズ、バスクラリネットアンサンブル【木炭】、山本拓夫木管六重奏Haloclineなど、様々なクラリネットを使ってマルチに活動している渡邊一毅さんの1stアルバムが10月3日にリリースされます。今回は自身の名刺代わりとなるアルバム「トリプティーク」について話を訊きました。その一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.68 close up 2

オーストラリア・メルボルンで誕生した現代音楽のユニットThe PhonosProject は、ドイツの現代音楽作曲家カールハインツ・シュトックハウゼンが開催する講習会で出会った音楽家たちが結成しました。このユニットの音楽監督を務めるクラリネット奏者のカレン・ヒースさんに話を聞きました。その一部をここで紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.68 Zoom in 2

9月7日に3枚目となるアルバムをリリースした、バスクラリネット奏者の八巻志帆さんが久々に登場。アルバムのことはもちろん、今後の活動なども聞きました。その一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.68 Close up 1

広島クラリネットアンサンブル主宰、日本クラリネット協会理事を務めるなど、日本の第一線で活躍している橋本眞介氏がThe Clarinet68号に登場! これまでの活動を中心にお聞きしました。ここではその一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.68

現在、パリ・オペラ座管弦楽団(パリ国立歌劇場管弦楽団)のソロ奏者、そしてパリ12区立音楽院やヴェルサイユ地方音楽院で教授を務めているアレクサンドル・シャボ氏が本誌初登場。8月2日〜9日に開催されたBCJクラリネット・アカデミー2018の講師として来日したときにインタビューを敢行しました。ここではその一部を紹介します。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.67 Close Up-2

世界中で活躍する若きオーケストラメンバーや音楽大学教授らを育ててきたリチャード・ホーキンス氏は、自らの名前を冠したマウスピースでもよく知られている。そしてホーキンス氏の一番弟子にあたるのが、日本で活躍中のブルックス・信雄・トーンさん。同じバックーンのMoBaモデルを愛用している2人の対談は、まるで久しぶりに再会した兄弟のように懐かしさにあふれていた。

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet vol.67 Close Up-1

サンフランシスコ歌劇場管弦楽団の首席クラリネット奏者であり、同時に作曲家としても積極的に活動しているホセ・ゴンサレス・グラネーロ氏へのインタビューが実現した。西海岸を代表するオペラカンパニーの首席奏者である彼はヤマハプレイヤーであり、日本との縁も深いプレイヤーだ。彼のクラリネット、そして作曲活動への情熱を訊いた。

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.67

ミシェル・アリニョンとフローラン・エオーの薫陶を受けた、エコール・フランセーズの正統を受け継ぐ若き才能が新たに登場した。その名はピエール・ジェニソン。日本で行なわれた第2 回ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールを制し、ソロとしてのキャリアを順調に重ねる彼に、昨年来日した際にインタビューを敢行した。

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.66

世界の一流オーケストラから入団を熱望されるクラリネット奏者のヴィセンテ・アルベローラ氏が、ルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーとして来日した。浜松国際管楽器アカデミーや、毎年夏に開催されるMMCJ(ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン)の講師としても知られる彼は「日本は第二の故郷」と語る親日家でもある。指揮者としても活躍の幅を広げるアルベローラ氏に、愛する音楽と楽器について聞いた。 

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.65

7月、クラリネット界を揺るがすニュースが飛び込んできた。ウィーン・フィル首席クラリネット奏者エルンスト・オッテンザマー氏が急逝。国内でも多くのクラリネット奏者が彼の業績を悼んだ。しかし、父エルンスト氏の急逝にも関わらず予定通りアンドレアス・オッテンザマー氏は来日を果たした。クラリネット界、そしてクラシック界の貴公子とも称される彼に、エルンスト氏との思い出、10月から12月にかけて日本で行なわれた演奏会、そして彼が現在取り組む「マンハイム楽派」の楽曲に取り組んだニューアルバム「New Era」について大いに語ってもらった。 (写真:橋本タカキ、取材協力:ヒラサ・オフィス、通訳:井上裕佳子)

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.64

1967年(昭和42年)に設立された株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパンは、クラリネットをはじめサクソフォン、オーボエ、トロンボーン、ユーフォニアム、テューバなどの数々の銘器を日本に紹介し、音楽の可能性を大きく広げてきた。今年の秋、その設立50周年を記念したコンサートが開催される。豪華アーティストが多数出演するこのコンサートで重要な役割を果たすのが、ミシェル・アリニョン氏と吉野亜希菜氏だ。師弟でもあるお二人に、コンサートへの意気込みを聞いた。 (写真:土居政則/協力:株式会社ビュッフェ・クランポン・ジャパン)

記事を読む>>

ARTIST
The Clarinet 連載

エンタメジャズバンド “Calmera”のフロントマンとして活躍しながらも、自身のルーツであるクラリネットへの熱い想いと使命感を持つ辻本美博さん。「クラリネットという楽器の魅力、素晴らしさをもっともっと広げたい……」そんな辻本さんのクラリネットの普及活動を紹介していく連載です♪

記事を読む>>

ARTIST
第3回 辻本流ポルタメント習得術

辻本美博の本気でクラリネット普及委員会、第3回は“ポルタメント”について書かせていただこうと思います!

記事を読む>>

ARTIST
Cover Story on The Clarinet vol.63

ポーランドを代表するクラリネット奏者ヤン・ヤクブ・ボクン氏のニューアルバムは、ギター奏者ヤクブ・コシチュシコ氏とのデュオでクラリネットの新たな可能性を広げている。

記事を読む>>

<前へ      1   |   2   |   3   |   4      次へ>      



GEAR
EVENT
ARTIST
画像 画像 画像

SILVERSTEIN WORKS 次世代への取り


11.05.19

世界的に有名なクラリネット奏者が愛用し日本でも多くの愛用者がいる。この斬新なリガチャーをはじめとする管楽
続きを読む>>

クラリネットコンサートガイド2019年10月


10.02.19

続きを読む>>

第5回 |赤坂達三のクラリネット吹きができるまで!


11.15.19

続きを読む>>