画像

【第1回】新国産フルート物語 〜国産フルートメーカーの夜明け〜

THE FLUTE vol.166

本誌THE FLUTE vol.166より新たに連載がはじまりました「新国産フルート物語」。今回はその記事を特別に一部オンラインでもご紹介いたします。

 

1998年に、アルソ出版より刊行された書籍『国産フルート物語』。日本のフルートメーカーを丹念に取材し、トップメーカーから個人経営の工房まで、その黎明期から現代に至るまでの歴史と道のりをつぶさに書き連ねた貴重な記録だ。しかし現在はすでに絶版となっており、社内にある在庫もたった1冊のみ。大変貴重な資料となっているが、20年の時を経ているだけに、このままでは風化し埋もれた存在になってしまうという危機感もある。世界中にその品質が認められるようになった現在の日本産フルート─ここまでそれらを先導してきた技術者たちと、メーカーや工房のあけぼのを知る人々も高齢化し、またすでに鬼籍に入る人もいる。

書籍「国産フルート物語」
アルソ出版社内にたった1冊だけ残る、貴重な1冊

そんな状況を迎えている今、あらためて日本のフルートとそれを創り支えてきた人々の足跡を記すべく、「新・国産フルート物語」としてあらためて記録を残しておきたい。さまざまな国内メーカーが創業50年の節目を迎えるこの時期に、“日本で唯一のフルート専門誌”であるTHE FLUTEの使命の一つと考え、新たなフルート物語を紡いでいく。

現在の国内メーカーや工房の系譜をたどっていくと、たどり着くのは2つのメーカーである─ヤマハの前身である日本管楽器製造(ニッカン)と、ムラマツフルート。今号の前半はこの2つのメーカーについて『国産フルート物語』から、メーカーの夜明けについて抜粋してお送りする。

 

国産フルートメーカーの夜明け
「国産フルート物語」(アルソ出版 1998年発刊)より

黎明期から戦前まで

日本のフルート界の黎明期、明治時代に果たして日本製のフルートはあったであろうか。いや、当時は輸入フルートしかなく、国産フルートは一本もなかったのである。
明治時代、すでに管楽器メーカーはあった。ニッカン(日本管楽器製造株式会社)の前身がそれである。

明治二十七年、銅壷屋(大きな鍋や釜を作る職人)であった江川仙太郎という人がその技術を生かして、陸軍の兵器庁に勤めながら楽器の修理を始めた。その後「信号ラッパ」を作り始め、工場を浅草に置いて、仕事を始めたのが日本で最初の管楽器メーカーである。しかしフルートは作られていなかった。

一方、ムラマツフルートの創始者である村松孝一氏は、国産フルートの歴史において、多大な業績を残し、最も貢献した人として語り継がれるべきである。
村松氏は、大正六年に音楽隊で有名な陸軍戸山学校に入学、コルネットを専攻した。在隊中から手先の器用さを認められて楽器の修理係を命ぜられ、学校内の楽器を手あたりしだいに修理しながら、楽器の研究を始めていった。

彼は、「私は音楽を愛し、音楽を純粋に楽しむ人のために、多くの楽器を作って贈ろうと考えた。私の力によって一人の人の人生を楽しく、数十人の人を楽しくさせることができたら、それは私が芸術に志した目的に一致する。その中から素晴らしい演奏をする人も現れることだろう。それなら、好きな絵を捨ててもいいと考えた」(随筆「笛つくり三〇年」より)と、画家への夢を捨てて、フルート製作者になるべく、戸山学校を飛び出し、一人たちしてゆくのである。大正十二年のことである。大正十二年といえば、関東大震災のあった年、当時フルート吹きといえば、日本に十人あるかなし、フルートで生計を立てるなど到底考えられない時代だったのである。

 

国産フルート第1号、大正13年にムラマツフルートの完成

では国産フルートはいつ、どこで、作られたのであろうか。
村松氏は、映画館で楽士として働きながら(昭和二年まで)、陸軍戸山学校でフルートを吹いたことのある経験を生かして、関東大震災後東京に戻り、まず一本のフルート作りに没頭した。完成までに実に千時間を費やしたといわれる。ボックスでその笛を吹いたら皆が珍しがったそうだ。製造方法のマニュアルがあるわけでもなく、その苦労たるや想像を絶するものであっただろう。恐らく完成まで不眠不休の毎日だったことと思う。完成したときは、陸軍戸山学校やニッカンにその一本を持って評価を聞いて回った。大正十三年のことであった。

彼は、仕事の合間を縫って、ペンキ看板(六尺四方・注)を毎週十数枚描き、その報酬で楽器を作る機械を購入し、何度も試行錯誤を繰り返しながら、「ムラマツフルート」の基本型を形成していくのである。しかしながら、その一本のフルートが商品化されるまでにはまだまだ相当の時間を必要とした。

当時の状況を吉田雅夫先生は、「昭和二年くらいにトーキー映画が日本に入ってきて、楽士たちが失業することになり、このころから村松氏も楽士をやめて、楽器の修理を始めるようになったのではないかな」と回想される。

吉田先生と村松氏の交流が始まるのは昭和五年くらいのことで、「村松氏とはチボウベルラミ(フランス製)の洋銀製フルートのメッキを依頼したのが、初めての出会いでした。できあがったもののメッキのせいで楽器が全然鳴らなくなってしまい、悔しくてベッドに投げつけた記憶があります」

その後ツィンメルマンの全木管フルートを購入したのだが、ピッチが低いため、頭部管を切ってもらいに村松さんのところへ持っていきましたが、木管の頭部管を切るのは構造上不可能なため、新しく銀製頭部管を作ってもらいました。そのためにスプーンやフォークなどの銀食器を集めて溶かし、薄い板にして巻いて作ったのです。昭和七年ごろのことです。これがムラマツ最初の銀製頭部管だったと思う。このころはもう、村松氏はフルートを何本か作りだしていたような気がする」と話される。また日本交響楽協会、秩父丸や帝国ホテルなどのバンドで活躍されたサックス奏者、津田功氏は、村松氏にフルートを一本作ってもらっている。

津田氏は、「昭和六年ごろ、私がオケをやめて秩父丸のバンドに参加するとき、亡くなった村松孝一氏に作ってもらいました。村松氏が作った二本目のベーム式フルートだったと記憶しております」と話されている。

昭和七年、村松氏の最初の弟子、種子政司(タネフルート)氏がムラマツで働くようになったとき、すでに村松氏はフルートを数本作られていた、と種子氏を師に持つ櫻井幸一郎(櫻井フルート)氏も語ってくれた。とすると、村松氏のフルートは、昭和六年ごろから数本作られ始め、それでも軌道に乗るにはまだまだ相当の時間がかかったということである。

 

昭和初期のフルート界

今でこそ、日本のフルート人口100万人と言われるほどになったが、その当時はプロの奏者が五人(新響=現N響に三人、宮内庁、ビクターに各一人)、アマチュアのフルート吹きは日本全体で三十人くらいしかいなかった。 新響……1st……宮田清蔵氏。後に宮田氏が辞め、昭和十七年に吉田雅夫先生が入団されるまで奥好寛氏がエキストラを務めた。

2nd……岩波ももたろう氏、橋本国男氏
宮内庁……奥好寛氏
ビクター……岡村雅雄氏
コロンビアは専属プレイヤーがいなくて宮田氏がほとんど吹いていた。

当時の楽器もあまり良いものとはいえず、笑い話に、「アメリカから岡田雅雄氏が帰ってきて、彼のフルートを吹いたとたんに低音Cがでた! といってまわりが大騒ぎになった」というのがある。今では考えられないことだが、それだけ、パッドだけの問題でなく、構造的に低音Cの出る楽器がなかったのである。

ヴィブラートも奥好寛、吉田雅夫両氏だけが取り入れていて、他の人は皆ヴィブラートなしで演奏していた。N響に入団した時に吉田先生がヴィブラートをかけていたために問題があったという逸話がある(奥氏談)。このように現在とは比較にならないほど貧弱なフルート界だった。

※THE FLUTE本誌166号P.48掲載の「系統図総覧」に、社名表記の誤りがありました。ここにお詫びし、上記の通り訂正致します。

 


本誌では、戦後の復興期から2大メーカーに関わってきた4人の元技術者に集まってもらい、話を聞きながら歴史をひもといていきます。THE FLUTE vol.166に全文掲載。

 

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。
定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。


カバーストーリー
フルートグッズ
フルートコンサートガイド
70年代洋楽

画像
画像

画像
画像