サックスオンライン_サックス奏者ガイド|クローバー・サクソフォーン・カルテット|Clover Saxophone Quartet

クローバー・サクソフォーン・カルテット |
Clover Saxophone Quartet

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

林田祐和
東京藝術大学および同大学院を卒業。2002年、第19回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門第2位。2005年、第22回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門審査員満場一致の第1位。ソリストとして藝大フィルハーモニア、日本フィルハーモニーとラーションのコンチェルトを協演。これまでに東京佼成ウインドオーケストラをはじめ、国内主要オーケストラに出演。サクソフォンを田中靖人、須川展也、冨岡和男の各氏に師事。室内楽を中村均一氏に師事。アンサンブル「bois」、サクソフォーン四重奏団「ストライク」のメンバーとしても活動している。作曲・ヴァイオリンを独学で習得。自作『サクソフォン四重奏とチェロ四重奏のための「mix」』が東京シティ・フィルのメンバーにより初演された。




貝沼拓実
東京藝術大学を首席で卒業後、同大学院修士課程修了。2002年、第19回日本管打楽器コンク?ル・サクソフォ?ン部門第4位入賞。2003年、ノナカ・サクソフォ?ン・コンク?ル、クラシック部門第3位入賞。「藝大モ?ニングコンサ?ト」にて藝大フィルハ?モニアと共演。学内にて安宅賞受賞。2004年、アカンサス音楽賞受賞。藝大定期「新卒業生紹介演奏会」に出演。文化庁舞台芸術国際フェスティバル2004、「ルチア?ノ・ベリオ、セクエンツァ全曲演奏会」に出演。2006年、ベルギーで開催された第4回アドルフ・サックス国際コンクールで第3位入賞。現在、茨城県立水戸第三高等学校音楽科非常勤講師。これまでにサクソフォ?ンを野原武伸、冨岡和男、須川展也の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。
田村真寛
2000年第3回ジュニアサクソフォーンコンクール第1位。第19回日本管打楽器コンクールサクソフォーン部門第1位(史上最年少)および特別賞受賞。2003年、ミュージカル「Beyond the Door」参加。武藤英明指揮、東京ハルモニア室内オーケストラと共演。2004年NHK-FM「名曲リサイタル」出演。西村友指揮、パレット室内管弦楽団と共演。増井信貴指揮、洗足学園音楽大学ウインドオーケストラと石毛里佳作曲『ムータ・イン・コンチェルト』を初演。東京藝術大学卒業。在学中の2005年、安宅賞受賞。東京藝術大学モーニングコンサート出演。尾高忠明指揮、藝大フィルハーモニアと共演。現在、和洋折衷ユニット「ロハス音楽隊」メンバー。ソリストとして、東京交響楽団をはじめオーケストラや吹奏楽団との共演も多い。
坂口大介
2005年に昭和音楽大学卒業後、東京藝術大学大学院に入学。昭和音楽大学在学中は、昭和ウインドシンフォニーにてコンサートマスターを務めた。ノナカ・サキソフォーン・コンクール第5位入賞。茨城県新人オーディション新人賞受賞。東京駅赤れんがコンサートでオンドマルトノの原田節と共演。サクソフォンを清水容子、彦坂眞一郎、福本信太郎、須川展也の各氏に、室内楽を彦坂眞一郎、中村均一の各氏に師事。

INSTRUMENT 使用楽器
COLUMN 掲載記事
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
クローバー
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

【シリーズ徹底検証】楽器編 バリトンサックス

11.30.19

低音域の個性的なサウンドで人気のバリトンに焦点を当てる。バリトンはメインではなく持ち替え楽器として使用さ
続きを読む>>

Interview_中村有里

12.02.19

クラシック奏者としての活動、多くの劇伴やアーティストのレコーディングへの参加。また女性インストゥルメンタ
続きを読む>>


メニューリスト