サックスオンライン_サックス奏者ガイド|竹上良成|Yoshinari Takegami竹上良成│Yoshinari Takegami
画像

竹上良成 |
Yoshinari Takegami

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

17歳からサックスを独学で始め、その後、宮本大路氏に師事。19歳でスタジオでの初レコーディング、20歳で初ツアーを経験。Norman Connors(モータウンプロデューサー)のバンドでロサンゼルス、ニューヨーク、デトロイトツアーを体験。以降、国内でもDreams come true、The Boom、平井堅、古内東子、モーニング娘、V6、ポルノグラフィティ、SMAP、大黒摩季、Mr.Children、ケミストリーなどのレコーディング・ツアーサポートとして活躍。Jazz系では熱帯Jazz楽団、Eric Miyashiro(EM Bigband)、菊池ひみこBigBand、松岡直也バンダグランデ、クライズラーアンドカンパニーなどに参加。ギターリスト天野清継氏のリーダーアルバムに楽曲提供するとともにプレイヤーとしても参加。その他、アーティストの作曲・アレンジ・ブラスアレンジと幅広く活動。2002年、アルバム『ROSE』をリリース、TBS ワイドショー『ジャスト』のエンディングテーマに楽曲が採用される。多くのCM音楽も手がける。

COLUMN 掲載記事
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
ROSE
INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤマハ YSS-62 RS #427,
MOUTHPIECE
ビーチラー S7(ラバー),
LIGATURE
REED
リコ プラスチックカバー,
CASE
ALTO
アメリカンセルマー マークⅦ 243XXX,
MOUTHPIECE
メイヤー 6SM、7MM,
LIGATURE
REED
ファイブラセル MH,
CASE
TENOR
アメリカンセルマー マークⅦ 245XXX,
MOUTHPIECE
アジャストトーン 8☆,
LIGATURE
REED
ファイブラセル MH,
CASE
BARITONE
セルマー シリーズⅡ 50XXXX,
MOUTHPIECE
ヤナギサワ ラバー9,
LIGATURE
REED
ファイブラセル MH,
CASE
影響を受けたアーティスト

数えきれず、でもサンボーンかな。グロー バーかな? ブレッカーかな?

影響を受けたアルバム

デヴィッド・サンボーン「As We Speak」これがサックスの音なのか!と衝撃を受けた。

■印象に残っている演奏

ジャコ・パストリアス(1980年半ばよみうりランドeast)開場したらすでにジャコがベー スを弾いていて開演したらいなかった……。


メニューリスト