サックスオンライン_サックス奏者ガイド|津上研太|Kenta Tsugami

津上研太 |
Kenta Tsugami

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1965年 8月20日生まれ。
学生時代より大友義雄氏(Sax) 、ジョージ大塚氏(Ds)に師事し、1987年ジョージ大塚 WE THREE 、古澤良治郎パパラッコバンドでプロデビュー。以来、古澤良治郎(Ds) 、山下洋輔(Pf)綾戸智絵 (Vo)、中本マリ(Vo) 、忌野清志郎(Vo) 、坂田明(Sax) 、上々颱風、ゴンチチ、大友良英(Gt)等共演したミュージシャンは多数。 現在は 渋谷毅orchestra '96~ 菊地成孔デートコース・ペンタゴン・ロイヤル・ガーデン '00~ 清水くるみバンド、須川光バンド等多岐にわたるグループで活動中。  大友良英 NEW JAZZ QUINTETでは1999年オーストリアにおけるフェスティバル「music umlimited 1999」をはじめとする欧州ツアー、2000年中国青島International Jazz Festival、2001年11月パリ・ブリュッセル・ウィーン他の欧州ツアー、2002年10月シカゴ公演。メンバーチェンジを経て、バンド名を「大友良英 NEW JAZZ ENSEMBLE」と改名。2004年8月ポーランド・マルセイユ・リスボンのJazz Festivalを敢行。2005年3月フランス・ベルギー・スイス・スロベニア、同年5月ベルギー・イタリア・ポーランド・フランス・イギリスのヨーロッパツアーを成功させた。

 



また2000年夏に旗揚げしたリーダーバンド「 BOZO 」では 作曲・編曲を手がける。津上研太 (Sax) 、南博 (P) 、水谷浩章 (Bass) 、外山明 (Ds) のメンバーによるサウンドは、骨太で、かつエレガントさを兼ね備え、都内を拠点として精力的な活動を行っている。2002年横濱JAZZプロムナード出演、6月初の東海・近畿ツアー。2002年8月21日、BOZO 1stアルバム「1st」をBody Electric Recordsよりリリース。2003年11月、九州ツアー(宮崎・熊本・阿蘇・福岡)を展開。 2005年10月、セカンドアルバム「DUENDE」、2007年にサードアルバム「Red Context~anthology of live 2007」、2009年には4thアルバム「Kenta Tsugami BOZO&phonolite ensemble」をewe records jazzからリリースした。

INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤナギサワ
MOUTHPIECE
セルマーF
LIGATURE
REED
バンドーレン3
CASE
ALTO
セルマーシリーズIII GP
MOUTHPIECE
オットーリンク5☆
LIGATURE
REED
バンドーレンV12 2½
CASE
COLUMN 掲載記事
画像

「City of Peace」清水くるみ4+1...

01.31.20


画像

特集 マウスピース定番2ブランド徹底検証!! メイ...

07.25.19


LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
BOZO&phonolite ensemble 2011-01-01
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

渡辺貞夫。貞夫さんのLPを聴いてこの道を志しました。

影響を受けたアルバム

ウェイン・ショーター「Native Dancer」初めて聴いたとき、まるで目の前の霧が パーっと晴れるような感動を覚えました。

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

渡辺貞夫(1982 or 83年12月 新宿 ピットイン)高校生の時に初めて体験したJazzのライブ。圧倒されました。

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと


メニューリスト