サックスオンライン_サックス奏者ガイド|ルー・タバキン|Lew Tabackin

ルー・タバキン |
Lew Tabackin

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1940年3月26日にフィラデルフィアに生まれる。フィラデルフィア音楽院に学び、'62?'65年の間陸軍で演奏し除隊後ニューヨークに出た。ニューヨークでの最初の仕事はタル・ファーロウ、ドン・フリードマンとの共演であった。その後、メイナード・ファーガーソン、ジョー・ヘンダーソン、サド・ジョーンズ&メル・ルイス、クラーク・テリー、デューク・ピアソンらのオーケストラに参加した。ヨーロッパにおいてもオランダ放送局オーケストラやハンブルグ・ジャズワークショップなどのソロイストとして活躍。'68年に秋吉敏子と出会ってから行動を共にして、'70年初めに結婚し秋吉敏子・ルータバキン・ビックバンドを結成した。ロスアンゼルス滞在中にシェリー・マンと共演して多数の作品を発表し、また、ビリー・ヒギンズ、ジョン・ハード、チャーリー・ヘイデンらとルー・タバキン・トリオとして活躍した。'80年にはピアノレス・トリオで活動し、フルート奏者としてダウン・ビート誌などで高く評価された。'82年に秋吉敏子とニューヨークに戻ったころからライブ・コンサートやレコーディングで一流のサキソフォン奏者・フルートの名手という確固たる地位を得た。自己のトリオは勿論のこと、ニューヨークの有名なクラブ“バードランド”で毎週開かれる「秋吉敏子・ルータバキン・ジャズオーケストラ」のマンデーナイトは高く評価をされ、フルバンドの人気No.1を維持している。

COLUMN 掲載記事
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
タヌキズ・ナイト・アウト 2002-08-21
< CDアルバム >
Desert Lady [Import] 1990-04-25
< CDアルバム >
I'll Be Seeing You [Import] 1992-10-09
INSTRUMENT 使用楽器

メニューリスト