サックスオンライン_サックス奏者ガイド|元晴|Motoharu元晴
PROFILE プロフィール

1973年、北海道名寄市生まれ。サックスを初めて吹いたのは小学校6年生のとき。そして、ジャズと出会ったのは、高校2年生。“バークリー・サマー・セミナー・イン・ジャパン”に行ったのがきっかけで、その後ジャズに大いに惹かれるようになる。そして、洗足学園音楽大学に入学後、米国ボストンにあるバークリー音楽大学に進み、4年間学んだ。帰国後の2001年にSOIL &“PIMP”SESSIONS に加入、同バンドの弾けた路線は大きく像を結ぶようになる。03年にはアルバム未発売ながらフジ・ロック・フェスティヴァルにも出演。04年にデビュー・アルバム『PIMPIN’』をリリース、現在までビクターから数々のアルバムやDVD 作品をリリースしている。また、彼らの大ファンである英国の国際的DJ、ジャイルス・ピーターソンの後押しもあり、05年以降は欧州ほか海外に大々的に進出。現在、トップ級に国際競争力を持つバンドとしても知られている。現在、(仮)ALBATRUS のメンバーでもある。

THE SAX掲載 vol.43│vol.49│vol.61│vol.62

COLUMN 掲載記事
画像

「BBB-LAND1」BimBomBam楽団...

10.09.19


画像

目指せ!セッション by 元晴...

01.18.18


画像

SOIL & “PIMP” SSESSIONS 1...

09.25.13


画像

元晴(Soil&Pimp Sessions)登場...

09.25.11


DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
MAGNETIC SOIL 2011-10-05
演奏楽器
Ts Ss
演奏スタイル

JAZZ

INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
クランポン プレスティージュ #0385××,
MOUTHPIECE
セルマー スーパーセッション、ゴッツ セペアトーン,
LIGATURE
REED
バンドーレン ジャバ2½,
CASE
ALTO
セルマー マーク7 #2468××,
MOUTHPIECE
ニューヨークメイヤー6,
LIGATURE
REED
バンドーレン ジャバ2½,
CASE
TENOR
カイルベルト SX90R,
MOUTHPIECE
ポンゾール 115、ゴッツ セピアトーンE9,
LIGATURE
REED
バンドーレン ジャバ3,
CASE
影響を受けたアーティスト

姉貴。

(俺にサックスを教えてくれた人)

SAXを始めた頃

12歳頃

■印象に残っている演奏

SOIL&"PIMP" SESSIONS


( 2005年12月 Londonのkoko)


メニューリスト