サックスオンライン_サックス奏者ガイド|深澤智美|Tomomi Fukazawa

深澤智美 |
Tomomi Fukazawa

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

神奈川県出身。 東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学卒業。在学時特待奨学生。
2004年第7回サクソフォーン協会ジュニアコンクール入賞。
2005年東京音楽大学付属高等学校卒業演奏会に、管打楽器首席生として出演。
2007年第13回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール奨励賞。 東京音楽大学ソロ・室内楽オーディションに、2008年ソロ、2009年室内楽共に合格。 レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2009に出演。
2009年6月、2012年5月、逗子、新宿にてソロリサイタルを開催、好評を博す。
2012年サックス四重奏で東京都、神奈川県、茨城県、大阪府、福島県など全国9か所に招待される。
2012年代々木国立競技場でFIFAW杯U-20の閉会式にて演奏する。
2012年、2013年と吹奏楽部の定期演奏会にて、ゲスト出演しソロで、コンチェルトを共演する。
東京音楽大学卒業演奏会、葉山町新人演奏会、東京音楽大学校友会神奈川県支部新人演奏会、サクソフォーン協会新人演奏会、各演奏会にサクソフォーン専攻首席、大学内成績優秀者として推薦され出演。 O.マーフィー、A.ドワジ、C.ウールセン、F.モレッティの各氏によるマスタークラス、及び公開レッスンを受講。 これまでにサクソフォーンを中村均、石渡悠史、雲井雅人の各氏に師事。 現在ソロ、アンサンブル、吹奏楽、オーケストラの演奏活動や、吹奏楽指導など幅広く活動中。 トランペット、ピアノ、サックスによるトリオ、「dEnsemble Triptic」(アンサンブル トリプティク)、バイオリン、サックスによるデュオ「SEDNA」(セドナ)、サックス2本、ピアノによるトリオ「Trio Allium」(トリオ アリューム)、各サクソフォン奏者。

COLUMN 掲載記事
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
INSTRUMENT 使用楽器

メニューリスト