サックスオンライン_サックス奏者ガイド|藤陵雅裕|Masahiro Fujioka
サックスアーティストトップ

藤陵雅裕 | Masahiro Fujioka

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1959 年 11 月 15 日 生まれ。東京都出身。高校生時代に Jazz Sax を土岐 英史氏に師事する。武蔵野音楽大学 Sax 科 卒業。以後、土井 一
郎&ミリオンパラに参加を皮切りに、今田 勝 NOWIN、FIZZZ、山下 洋輔 パンジャ・スウィング・オーケストラ、矢沢 永吉、ザ・プレイヤーズ、日野 皓正 グループ、サリナ・ジョーンズ、辛島 文雄 クインテット、日野 元彦 アバナイトロプス、布川 俊樹 VALIS、鈴木 良雄 EAST BOUNCE、その他、数々のバンドで活躍。
1991年度 及び、92年度 スウィング・ジャーナル誌 批評家投票の、Soprano Sax 部門において1位の栄誉に輝く。音楽のスタイルにとらわれることなく、様々なジャンルの音楽に対応することによって得たサウンドには定評があり、ミュージシャンからの人望もとても厚い。
また、音楽雑誌への執筆や、NHK教育テレビへの楽曲提供など、その活動は多岐にわたっている。海外での演奏経験も豊富で、ニューヨーク・JVC・ジャズフェスティバルやカリフォルニア・モンタレー・ジャズフェスティバルなどへの出演、ボリビア、ペルー、ベネズエラ、パラグアイなどの南米諸国、香港、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどアジア諸国への遠征と、その活動範囲は日本国内にとどまらない。現在は自己のバンド及び、熱帯 JAZZ 楽団、熱帯倶楽部S.O.R. 、intelligent JAZZ、渡辺香津美 JAZZ 回帰 プロジェクト、RITSUCO ENDO with FRV! などで、都内のライブハウスやコンサートでの演奏活動を中心に活躍している。
2008 年 10 月 待望の 初リーダー・アルバム『 マインドスケープ / 藤陵 雅裕 』をリリース!



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
セルマー マーク6 N.320xxx
MOUTHPIECE
セルマー スーパーセクション
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3½
CASE
BODY
セルマー マーク7☆ M.241xxx
MOUTHPIECE
クラウド・レイキー 4☆3
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3
CASE
BODY
セルマー スーパーアクション80 N.315xxx
MOUTHPIECE
デイブ・ガーデラー MB II
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
ARTIST HP
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

渡辺貞夫さん

(当時、オンエアされていた貞夫さんのFM放送番組「My Dear Life」を毎週聴いて、サックスの持っている様々な魅力を知ることができました)

影響を受けたアルバム

Cool Struttin'

『Sonny Clark』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

マイルス・デイヴィス

(1981年10月 新宿都庁建設予定 地)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

ヤナギサワが放つ、衝撃のネック止めネジがついに発売

09.13.19

奏者の間で“音や吹奏感が変わる”と話題のネック止めネジが、なんとあのヤナギサワか
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>


メニューリスト