サックスオンライン_サックス奏者ガイド|石渡悠史|Yuji Ishiwata石渡悠史

石渡悠史 |
Yuji Ishiwata

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1960年東京芸術大学卒業。第28回毎日音楽コンクール入選。1967年アカデミア・サクソフォーン四重奏団の結成に参加し、演奏活動を開始する。1975年「アルトサックスとバンドの為の協奏曲」(K.フーサ作曲)を日本初演。1976年東京管楽アンサンブルの結成に参加し、演奏活動を開始する。インディアナ大学(アメリカ)へ1983年訪問研究員、1993年訪問教授として渡米。これまでに故阪口新、大橋幸夫、ユージン・ルソーの各氏に師事を仰ぐ。音楽之友社より「管楽器ソロ名曲集」<アルト・サクソフォーン1・2・3><テナー・サクソフォーン1・2・3>を出版し、CDを制作している。現在、国立音楽大学教授、同附属音楽高等学校講師。東京音楽大学講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校講師、吹奏楽コンクール審査員、日本サクソフォーン協会会長。

INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
SELMER Mark 6 #152××,
MOUTHPIECE
ルソー 4R,
LIGATURE
REED
Vandoren3,
CASE
ALTO
SELMER Mark 6 #1179××,
MOUTHPIECE
ルソー ニュークラシックモデル 4R,
LIGATURE
REED
Vandoren3,
CASE
TENOR
SELMER Mark 6,
MOUTHPIECE
ルソー3R,
LIGATURE
REED
Vandoren 3,
CASE
BARITONE
SELMER Mark VI,
MOUTHPIECE
ルソー 4R,
LIGATURE
REED
Vandoren 3,
CASE
COLUMN 掲載記事
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
ARTIST HP
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

マルセル・ミュール

(故大橋幸夫先生の下でクラリネット専攻としての受験勉強をしているとき、故阪口新先生を紹介されて自宅でマルセル・ミュール他のクラシックサクソフォンのレコードを聴かせていただき憧れの音にめぐり合えた気がした)

影響を受けたアルバム

J.イベール

『アルトサクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

自分が演奏したカレル・フーサ『アルトサクソフォンとバンドの為の協奏曲』


(1976年7月 東京文化会館)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

G.ラクール「50 etudes faciles et progressives1.2(50のエチュード)」(Billaudot)、H.クローゼ「25 EXERCICES JOURNALIERS ETUDES POUR SAXOPHONES(25の日課練習曲)」(Alphonse Leduc-Paris)

■おすすめしたいこと

音楽はシンプルに! 作戦は必要ない!!

06.02.20

日本のフュージョン/スムースジャズ・サックスの先駆者として、1980年代からシーンを牽引してきた神崎ひさ
続きを読む>>


メニューリスト