サックスオンライン_サックス奏者ガイド|菅野浩|Hiroshi Sugano
サックスアーティストトップ

菅野浩 | Hiroshi Sugano

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1973年8月13日、神奈川県二宮町生まれ。

中学入学と同時にブラスバンドでAlto Saxを始める。

明治大学を卒業後、ライブやストリートでの演奏を中心に活動。 一時期Paul Desmond(as)に強く影響される。

様々なミュージシャンらと共演・セッションに参加。

これまでにレギュラーとして参加したバンドは、

「Yellow Card Orchestra」「TOKU グループ」「内堀勝 & Big “LUSH” Band」、「辰巳哲也Bay Area Jazz Ensemble」、「羽毛田耕士 Big Band」、 「三塚知貴&Burnin’ Notes Jazz Orchestra」、「三宅裕司&Light Joke Jazz Orchestra」などがある。

その間、小林陽一、大野雄二、内堀勝、宇崎竜童、小沼ようすけ、菅野義孝、菊丘ひろみ、黒船レディと銀星楽団などのCDに参加。

現在、小編成から大編成まで活動の幅は広く、自己のバンド「Totem Pole」「altalk」の他、「三宅裕司Light Joke Jazz Orchestra」「羽毛田耕士Big Band」「in’s」「映研」などのバンドでも活動中。

毎週月曜日は、横浜ロイヤルパークホテルのスカイラウンジ「SIRIUS」に自己のバンド「Totem Pole」で出演中。

2010年、初リーダーアルバム「Emily」発売。

2011年、自己のバンド「トーテムポール」でNHK-FM「Session2011」出演。

2011年10月、宮野裕司&菅野浩が双頭リーダーのバンド「altalk」で、「ALTO TALKS」CD・LP同時発売。

2012年、「altalk」でNHK-FM「Session2012」出演。

2013年1月、新国立劇場において日本初演となったバレエ作品「テイクファイブ」(振付:D.Bintley氏)ではDave Brubeck Quartetの名曲を披露。

2014年8月、「LANDMARK BLUE 〜ぼくたちのララバイ〜」をリリース。



INSTRUMENT 使用楽器
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

機能性と高級感あふれる外観を両立した本革サックスケ

06.07.19

イタリアのメーカー、マルコ・マギの軽量でコンパクトなケース。本革を使用した「レザー」シリーズは、シンプル
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>

実力と美貌を兼ね備えた噂のテナー女子が 満を持して

06.08.19

今年1月にリリースしたジャズ・スタンダードのバラード集「ドーニング・ブルー」で、すでにリーダー・アルバム
続きを読む>>

THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト