サックスオンライン_サックス奏者ガイド|井上"JUJU"博之|Hiroshi "JUJU" Inoue井上"JUJU"博之|Hiroshi "JUJU" Inoue
サックスアーティストトップ

井上"JUJU"博之 | Hiroshi "JUJU" Inoue

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1998年ジャズ・サックス・カルテット「サキソフォビア」を結成。アルバム、サックス・アンサンブル楽譜集(CD付)等、9作品をリリース。並行して1998年から「ネタンダーズ」でデビューし脱退までに11作品をリリース。また、忌野清志郎、友部正人、安田芙充央、酒井 俊、沢田穣治(ショーロクラブ)、畠山美由紀、五十嵐一生、Cecil Monroe、本田珠也、アン・サリー、orange pekoe、SLY MONGOOSEをはじめとする数多くのアーティストと共演し、レコーディング及びライブツアーに参加。並行して作編曲家、アルバム・プロデューサーとしても活動



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
ヤマハ YSS-62R,
MOUTHPIECE
バリ 70、セルマー METAL F,
LIGATURE
REED
リコ3、バンドーレン トラディショナル2 1/2,
CASE
BODY
ヤマハ×石森 YAS-82Z-WS-WOF,
MOUTHPIECE
ウッドストーン 5(Prototype)、Berg Larsen metal 85 2M、MAYE,
LIGATURE
REED
ラボーズ M、バンドーレン ジャバ 2 1/2,
CASE
BODY
セルマー SA80,
MOUTHPIECE
ウッドストーン 7☆( Prototype)、Berg Larsen metal 120 2M,
LIGATURE
REED
ラボーズ MS,
CASE
BODY
ヤナギサワ B-901,
MOUTHPIECE
ウッドストーン 7☆( Prototype),
LIGATURE
REED
リコ 3 1/2、レジェール,
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

ウェイン・ショーター

(何もかもが理想に近い人だった)

影響を受けたアルバム

チャーリー・パーカー

「Charlie Parker On Dial」

ソニー・ロリンズ
「Saxophone Colossus」

ジョン・コルトレーン

「Impressions」

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

僕は基本的には、楽器が壊れたら修理に持っていくといった感じです。でも本当はそうじゃないほうがいいのでしょうが……。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■リードの保存方法

吹き終わったら、ティッシュまたはスワブで吹いて、水分を拭き取ってからリードケース(上から差し込むタイプ)に入れて保存します。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

たくさんありすぎてわかりません

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

僕は、ロングトーンやスケール練習などもいろいろやります。興味のあるスケールやコードを中心に日々練習しています。あとはインターバルの練習かな。教則本を見て練習をすることはほとんどなく、自分で考えて作ったものを練習します。音楽を聴きながら吹く練習もします。練習も音楽的でないと意味がないので、音楽の中で吹くというようことは、とても大事な練習だと思います。その他、最近やっているのは、ランダムにイメージした単音を確実に吹き当てて、それを連続的にどんどん発展させるというものです。(「JAZZ STANDARDS FOR SAX QUARTET vol.2」より抜粋)

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>

14年振りに3rdアルバム 「First Impr

08.18.19

espaço(エスパソ)というバンドをご存じだろうか。リーダーである柳原達夫(Bass)を
続きを読む>>


メニューリスト