サックスオンライン_サックス奏者ガイド|ヴァンソン・ダヴィッド|Vincent David
サックスアーティストトップ

ヴァンソン・ダヴィッド | Vincent David

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1974年、フランス・パリ生まれのサクソフォン奏者。1996年にパリ国立高等音楽院のサクソフォンを卒業し、続いて第三課程を修了。1994 年第1回アドルフ・サックス国際コンクール(ディナン)第1位、1995 年ジュネーヴ国際音楽コンクール第3位、1996 年第1 回ジャン= マリー・ロンデックス国際コンクール第2 位受賞。この頃からアンサンブル・アンテルコンタンポランにサクソフォン奏者として呼ばれ、ピエール・ブーレーズをはじめとする著名な指揮者と共演を重ねる。2001 年にはブーレーズ『二重の影の対話』サクソフォン版の初演を果たし。また、ブルーノ・マントヴァーニがダヴィッドのために書いた『第3ラウンド』をTM+ アンサンブルとともにaeon レーベルに録音するなど、作曲家とのコラボレーションも多い。ヨーロッパやアジアで積極的にマスタークラスを行なうなど、教育活動にも余念がない。レパートリーは現代音楽からトランス物まで広範。Quatuor Arcanes、Court-circuit、TM+Ensembleでの演奏など、活動は多岐に渡る。現在ヴェルサイユ音楽院のサクソフォン科教授を務める。また、ビヨード出版の監修を行なっている。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
MOUTHPIECE
LIGATURE
BG 金メッキ
REED
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
生まれ
血液型
出身国
活動地域
ARTIST HP
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

機能性と高級感あふれる外観を両立した本革サックスケ

06.07.19

イタリアのメーカー、マルコ・マギの軽量でコンパクトなケース。本革を使用した「レザー」シリーズは、シンプル
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>

実力と美貌を兼ね備えた噂のテナー女子が 満を持して

06.08.19

今年1月にリリースしたジャズ・スタンダードのバラード集「ドーニング・ブルー」で、すでにリーダー・アルバム
続きを読む>>

THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト