画像

マイナスワン機能搭載 演奏もできる一体型オーディオ LP-R560K

TEAC


『LP-R560K』は、ラジカセ感覚でレコードやカセットテープをCDに録音できるターンテーブル/カセットプレーヤー付きCDレコーダーLP-Rシリーズにマイクミキシングなどカラオケ機能を追加したモデルです。

5つの注目ポイント

ポイント1

CD、レコード、カセット、ラジオまでこれ一台でクリアに再生

 

老舗オーディオメーカーこだわりの高音質設計スピーカーを内蔵。一体型なので面倒な配線接続などが一切ありません。

▶︎本格的な高音質設計

 

ポイント2

気分は演奏家!マイク付属、エコーをかけてカラオケ音源に合わせながら本格的な演奏が楽しめる。

 
付属マイク

付属のマイクをつないで曲を再生するだけ。伴奏との音量バランス調整も可能です。マイクを2本つなげばデュエットも実現!(※1本は別売)

 

ポイント3

手持ちのCD、レコード、カセットなどの音源がカラオケ伴奏に!

 

主旋律を小さくする「ボイスキャンセル機能※」や、楽器・楽譜に合わせて自由にキーを変更できる「キーコントロール機能」を搭載。練習の幅が広がります。
※曲の録音状態によってはボイスキャンセル機能の効果が十分に現れない場合があります。

 

ポイント4

貴重なレコードやカセットをCDにデジタル保存。ラジオ番組のCD録音も!

 

曲番を自動または手動で付けることができるので、一般のCD同様スキップボタンで簡単に次の曲を選ぶことができます。外部入出力端子とライン(別売)でつなげば、レコーダーの音源やテレビの音までCDに録音が可能。

 

ポイント5

操作パネルとリモコンはわかりやすい日本語表示

 

すぐに使い始められる、わかりやすい簡単録音ガイドが付属。良く使う機能には専用ボタンを割り当てることも可能です。

 

▼LP-R560K



│STORE 記事コンテンツ一覧│