カテゴリーで探す
雑誌│サックス

ザ・サックス vol.33


発売日:2009-01-25
発売元:アルソ出版
品番/型番:
ISBN/JAN:
販売ストア: アルソオンライン
楽器種別:SAX
ジャンル:
サイズ:A4判
目的/用途:
編成:
演奏レベル:
演奏/監修:
Detail|主な仕様
About it|商品解説
画像

定価: 926円 (税込)

配送状況:在庫切れ
在庫切れ


 

【Close Up Interview】
ケニー・G

努力は必ず報われる
ナンバーワンサクソフォニストに今も息づく言葉

本誌読者の中には、ここに登場するケニー・G 氏の音色に惹かれ、サックスを始めたという方もいるのではないだろうか。氏の歌心溢れるプレイ、透明なサウンドはテレビなどのメディアや街角のBGM など、あらゆる場所で耳にすることができる。もはや、「サックスの代名詞」とも呼べる氏が今年10月、来日公演を行なった。タイトスケジュールの中、ついにインタビューが実現!
自ら監修した楽器"Kenny G Saxophone"を手に、上機嫌で姿を現した氏は、いきなり本誌をめくるとそこに掲載された楽譜を吹き始める。“読者の大半がサックスを吹いている人"ということを踏まえ、氏は自身の音楽に対する心構え、そして日課練習メニューまでを公開してくれた。
     

楽譜掲載! 
「THE MOMENT」
(S.Sax&Pf)
[Kenneth Gorelick 作曲]

デイリートレーニング掲載
Close Up! ケニー・G 日課練習大公開

   
     
 

【Special Interview】
デイヴ・コーズ

聴衆の心に直結する音楽を紡ぎ出す
スムース・ジャズ界のスーパースター

スウィート&エモーショナルなサウンド、そしてダンサブルなステージで人気を博し、今やスムース・ジャズ界において押しも押されぬ存在となったデイヴ・コーズ氏。6度のグラミー賞候補歴を持ち、日本でもその知名度はここ数年で飛躍的に上昇。ブルーノート東京にもたびたび登場するなど、国内のファンを着実に増やしてきた。昨年10月、満を持して発表されたベストアルバム「グレイテスト・ヒッツ」を引っさげ、再び来日したコーズ氏にインタビューを敢行。笑顔を絶やさず、真摯に、そしてユーモアを交えながらインタビューに応じてくれる氏の人柄は、ステージ上で聴かせる彼の音楽と見事にリンクしていた。
     
 

What is the SMOOTH JAZZ?
かわ島崇文

スムース・ジャズプレイヤーかわ島崇文氏に聴く
その極意・楽しみ方

スムース・ジャズ。海辺のカフェや休日のドライブなどにピッタリ合うBGMとして、日常よく耳にする音楽だが、リスナー層の広がりとは裏腹に、定義が非常に難しい音楽ジャンルの一つでもある。これはもともと“イージー・リスニング"や“クロスオーバー"と呼ばれ、フュージョンの一つとして捉えられてきた音楽だった。そして80年代中頃からアメリカのFMラジオ局がBGM音楽として大衆向けに発信し、1992年のケニー・Gの「ブレスレス」の世界的大ヒットも手伝って急速に発展したジャンルだ。まさにそれがブームとなった90年代にアメリカへ渡り、スムース・ジャズをリアルに体現してきたサックスプレイヤー かわ島崇文氏に“スムース・ジャズ"とは何かを語ってもらった。
     

  【Special Talk】
エリック・マリエンサル
&近藤和彦

at Billboard LIVE
     



 

【新連載】
考えよう、SAX とカラダのこと
Optimal Sound Method

Navigator>> 小村由美子

サックスという楽器、実は結構重い。
日常生活において、そんな重いものを首で支えたりすることはないし、キィを操る時には普段使わない筋肉を使っている……そう思うと、「ワタシの身体、大丈夫??」と不安になることはないだろうか。だからこそ、そんなサックスを使って音楽を表現するには、音楽性やテクニックを磨くだけでなく、身体と楽器の良い関係を作ることが大切。
この連載では、「自分自身の音楽を表現するために」最も大切な「身体」の使い方について取り組んでいきたいと思う。ナビゲーターは、ここ数年で大ブレークしたストラップ「ブレステイキング」の作者として知られる小村由美子さん。
彼女自身、まったく楽器が吹けなくなるという実体験から立ち直るべく、身体の研究を重ねてきたサックス奏者だ。
まず今回は序章として、彼女がいかにして身体について考えるようになったのかをご紹介しよう。



 


 



 

シリーズ徹底検証
“マウスピースの煌めき"

第5回
アルト&テナー総集編


─アルト&テナー総集編─

今回は、本誌29 号~32 号までの当コーナーで各プレイヤーに選んでもらった“試奏で気になったマウスピース"に対するコメントと、
編集部Eye。またマウスピースの種類ごとに、定番とされるものについても紹介していく。





 MEETS EWI!第4回

EWI-USB De'but
宮崎隆睦


Adult Oriented Instrumental……この頭文字をとってA.O.I と呼ばれるユニットがあるのをご存じだろうか。宮崎隆睦氏と、キーボード奏者でありアレンジャーとしても有名な高橋亜土氏が結成しているユニットだ。名前にAdult とあるとおり、落ち着いた演奏を聴かせてくれるA.O.I。今年開業50周年を迎 える東京タワー大展望台でのライブも定番となりつつある。今回は、“EWI-USB"を使用した日本で初めてのライブレポートをお届け。前号に引き続き、エチュードを使ったEWI講座では、ベンド操作にスポットライトをあてて、宮崎氏がわかりやすく解説してくれる。



 ジャズと世界が出会った街
JAZZ in Chicago vol.5


ジャズを100年にわたって育み続けてきたシカゴの街。ジャズはこの街でその名がつけられ、世界へと紹介され、発展してきた。シリーズ連載5回目を迎える今回は、今なお前衛ジャズのシーンで世界をリードするシカゴの現状をより深く読み解いていこう。




     

世界基準の品質を誇るヤマハと
管楽器製作のパイオニア
日本管楽器株式会社との出会い

《日本管楽器株式会社~ヤマハ株式会社》

ニッカンとヤマハ、その合併までの30年の沿革

 

 
 
  この名盤を聴け!
Selection>> 内桶好之

#05
バリトンサックスの名盤
     
     
 

最終回
【CD連動企画 アドリブ完全採譜】
大山日出男のジャズ入門

Performed by>> 大山日出男


特別編 アドリブ完全採譜 「Stella By Starlight」(Victor Young 作曲)

人気連載も今回で最終回! これまでスタンダードナンバーを用いてジャズ習得のための基礎知識を解説してきたが、今回も名曲『Stella by starlight』から、ジャズのいろいろな手法について学んでいく。ジャズの魅力は、音楽としての素晴らしさはもちろん、歴史を彩る名プレイヤーたちが残した数々の楽曲、そしてプレイから、その時代の流行や文化を感じとれること。ジャズは奥深く、習得へのまだ道は始まったばかりだ。

     
誰でも手軽にアドリブ体験

『Someday My Prince Will Come』
 

 


今回は3/4 拍子のワルツ、『Someday My Prince Will Come』、邦題「いつか王子様が」に取り組んでみましょう。 この曲はもともとディズニー映画「白雪姫」のために作られた曲です。「ピノキオ」の 『When You Wish Upon A Star』や「不思議の国のアリス」の 『Alice In Wonderland』など、ディズニー映画で使用された曲はどこかセンチメンタルを感じさせる美しいメロディが印象的で、これまで多くのジャズマンたちに取り上げられてきました。 


  
【Super Ensemble】
リエゾン サクソフォン アンサンブル

  
【Special Event】
第28回サクソフォーンフェスティバル

  
【Pick Up】
田中拓也

  
   

   

 

大山日出男演奏アドリブ完全採譜 「Stella By Starlight」(Victor Young 作曲)  CD連動

スタンダード・ナンバーを楽しもう 堤智恵子 アドリブ完全採譜 CD連動
Blue Bossa
(A.Sax)
[作曲:Kenny Dorham]

ベルガマスク組曲より「月の光」(S.A.T.B.Sax)(T.Sax)
[作曲:Claude Debussy]

「THE MOMENT」(S.Sax&Pf)
[Kenneth Gorelick 作曲]

【Close Up】ケニー・G 日課練習大公開!


□ アンサンブル楽譜は定期購読者限定プレゼントCD連動中!




[Shall We Sax!]《第11回》須川展也

[Makoto ni Mail de Q !]《第33回》 平原まこと

リレーエッセイ“日々徒然" 第23回 平野公崇

[Saxophonist Community] Let's Enjoy Saxophone !

MAKER & DEALER TOPICS

Shop Guide

Various News

Concert & Live Guide

CD Pick Up|矢野沙織

CD紹介 注目のリリース サックス奏者CD一覧


愛読者大感謝プレゼント

VOICE │読者のコーナー


こんな商品もおすすめ