サックスオンライン_サックス奏者ガイド|本間将人|Masato Honma本間将人│Masato Honma

本間将人 |
Masato Honma

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

中学校入学時よりサックスを始める。洗足学園短期大学ジャズ科を卒業後、「早稲田大学ハイソサエティーオーケストラ」に所属。その後渡米し、バークリー音楽院に入学。在学中、上原ひろみバンドに在籍するほか、世界的に有名なベーシスト、アンソニー・ジャクソンと共演。帰国後は、アメリカで結成したバンド『grooveline』でビクターよりデビュー。現在は自身がリーダーを務める『JAM company』を軸に、DREAMS COME TRUE、RIP SLYME、スキマスイッチ、スガシカオ、SKOOP ON SOMEBODY、175R、中島美嘉、岡本真夜、黒木瞳、BONNIE PINK、dorlis、UVERworld、キャプテンストライダム、SOFFet、藤木直人、いきものがかり、多和田えみ、mihimaru GTなど多数のミュージシャンと共演し活躍している。現在ゴスペラーズ、Little Glee Monsterのバンドマスターとしても活動している。

COLUMN 掲載記事
画像

タンギングに強くなる!Jazz&Pops編...

2015-09-26


画像

Pop Musicシーンとアーティスト...

2010-10-02


DISCOGRAPHY CD/BOOKS
INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤマハ YSS-875,
MOUTHPIECE
メイヤー 6MM,
LIGATURE
REED
バンドーレンZZ3,
CASE
ALTO
アメリカン・セルマー マーク6(13万番台と18万番台),
MOUTHPIECE
SAX works,
LIGATURE
REED
バンドーレン ファイルドレッドカット2½ EXT,
CASE
TENOR
フランス・セルマー マーク7,
MOUTHPIECE
ヤナギサワ カスタム,
LIGATURE
REED
ウッドストーン 3,
CASE
BARITONE
アメリカン・セルマー マーク7,
MOUTHPIECE
オットーリンク,
LIGATURE
REED
バンドーレンZZ3,
CASE
影響を受けたアーティスト

渡辺貞夫さん

(かっこいいから)

影響を受けたアルバム

デヴィッド・サンボーン

「SLAM」

■印象に残っている演奏

マイケル・ブレッカー


(2002年か2003年寒い時期 ボストンのレガッタバー)


メニューリスト