サックスオンライン_サックス奏者ガイド|宮地スグル|Suguru Miyaji宮地スグル|Suguru Miyaji
画像

宮地スグル |
Suguru Miyaji

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

両親の影響で幼少よりジャズを聴いて育つ。6歳でエレクトーン、15歳でサックスを始める。関西学院大在学中よりプロ活動を始め、90年、同大学を中退して米国ボストンのバークリー音大に奨学金を得て留学。この頃、ジェリー・バーガンジ(ts)に師事しメソッドを全て習得。93年に同大パフォーマンス科を卒業後は居をNYに構え、エブリン・ブレーキー (vo)、ティト・プエンテ(timb)、ブルース・バース (p)、ホルへ・ロッシー(ds)、ジョン・ステッチ(p)と「バードランド」などのライブハウスにて共演、 レコーディングを経験。96年に帰国後、首都圏で活動を始め、様々なJ-Jazzレジェンド達と共演。その後リーダーバンドを結成。NHK「Session」などの音楽番組に多数出演。雑誌にも活動が取り上げられる。2012年10月、シアタークリエに於けるミュージカル「デュエット」で演奏、2013年3月、NHK・BS1「エル・ムンド」に“SOULOGIC"の一員として2日間にわたり出演。 2015年、自主レーベル「Noizz Music」を設立。精力的にアルバムをリリース中。2019年、月刊ザテレビジョン5月号の「橋本環奈・First Story」でサックス講師として出演。8月スタートのNetflixドラマ『全裸監督』(山田孝之主演)にサックス奏者として出演。

COLUMN 掲載記事
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
ETERNITY/Sguru Miyaji NEW4TET 2007-06-20
INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤマハ YSS-62S,
MOUTHPIECE
バンドーレン #25(ラバー),
LIGATURE
REED
バンドーレン #3,
CASE
TENOR
SELMER MarkⅥ #2155xx,
MOUTHPIECE
Yanagisawa #7(ラバー),
LIGATURE
REED
バンドーレン #3,
CASE
影響を受けたアーティスト

アート・ペッパー、渡辺貞夫

(当時、アルト吹きだったので、このお二人は神様でした。貞夫さんは「カリフォルニア・シャワー」「オレンジ・エクスプレス」、ペッパーは何と言っても「ウィンタームーン」ですね。聴きまくってました)

影響を受けたアルバム

ジョン・コルトレーン&デューク・エリントン

「Ballads」

■印象に残っている演奏

ウエザー・リポート


(1983年 大阪厚生年金ホール)


メニューリスト