サックス記事

輝かしき勲章を手にしたコンクールの覇者たち

THE SAX vol.99

特にクラシックの分野では、キャリアを語る上での重要な肩書きとなるコンクールの受賞歴。99号にインタビュー初登場した齊藤健太「第7回アドルフ・サックス国際コンクール」で日本人2人目の優勝を飾ったニュースが大きな反響を呼んだのも、その証だろう。そこで今回は、この「アドルフ・サックス国際コンクール」をはじめ、国内の最高峰とも言える「日本管打楽器コンクール」、そしてジャズのフィールドからも「YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST」をピックアップし、その歴史と歴代の受賞者たちを振り返り紹介していこう。

アドルフ・サックス国際コンクール

アドルフ・サックス国際コンクール ロゴ

2019年11月8日から9日にかけてファイナルの審査が行なわれた「第7回アドルフ・サックス国際コンクール」。日本人2人目の優勝および初の日本人1位、2位独占のニュースで大いに沸いたことも記憶に新しい、この世界的コンクールをまずは取りあげよう。(文:中野 明)

アドルフ・サックス国際コンクール
第7回 アドルフ・サックス国際コンクールでの齊藤健太 ⒸAIAS-Jean-Pol SEDRAN

>>続きを読む

日本管打楽器コンクール

日本管打楽器コンクール ロゴ

1984年が初開催ということで「アドルフ・サックス国際コンクール」よりも歴史が長い。国内最高峰のコンクールであることは言うまでもなく、須川展也から上野耕平まで、歴代のウィナーは日本のクラシックサックス隆盛に一役買ったスタープレイヤー揃いだ!(文:中野 明)

日本管打楽器コンクール
第1回 日本管打楽器コンクールでの須川展也

>>続きを読む

YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST

YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST ロゴ

ジャズ系のジャンルに目を移すと、海外ではセロニアス・モンク・コンペティションなどが有名だが、クラシックの分野に比べて権威のあるコンクールやコンテストは数多くないというのが実情。そんななかで「YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST」は50年の歴史を持つ特別な存在だ。(文:櫻井隆章)

YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST
第45回 YAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTでの 中山拓海(リードアルト)

>>続きを読む

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4      次へ>