サックス記事
THE SAX vol.100 特別企画

本誌100号に寄せてプレイヤーから届いたお祝いコメント一挙公開! Part 5

中島 諒 / 永田こーせー / 中西圭一 / 中山拓海 / 西尾貴浩 / 西口明宏 / 橋本恭佑 / 波多江史朗 / 塙 美里 / 羽根渕道広 / 馬場智章 / 浜崎 航 / 原川誠司 / 坂東邦宣 / 東 涼太 / 彦坂眞一郎 / 日野林 晋 / ひび則彦 / 平賀美樹 / 平野公崇

※掲載は50音順、敬称略


彦坂眞一郎(トルヴェール・クヮルテット/上野学園大学) Shin-ichiro Hikosaka

彦坂眞一郎

おめでとうございます!もう100号なんて!早いですね。様々な企画でお世話になりました。これからもますますマニアックで楽しい企画を期待しております!


日野林 晋(NF4) Susumu Hinobayashi

日野林 晋

創刊100号おめでとうございます。
これからもすべてのサックス奏者へ有用な、そしてマニアックな情報を発信し続けてください。
いつも参考にさせていただいております。
ますますのご発展を微力ながら祈っております。


ひび則彦(HIBI★Chazz-K) Norihiko Hibi

ひび則彦

通巻100号おめでとうございます!サックス愛好家として純粋に読者として親しんできた「THE SAX」に、自らが主宰するジャズ・サックス・アンサンブル「HIBI★Chazz-K」を取り上げていただいた<2014年9月号Vol.66>は今でも宝物です! それをご縁に何度か取材を受けたり、僕のアレンジしたスコアを掲載していただいたり本当に嬉しい関係が続いています。今でも毎号興味深く読ませていただいています。魅力的な企画、益々楽しみです!


平賀美樹(サクソフォーンカルテット・アテナ/アンサンブル オット・ヴォーチ/CIRCLE“A”SAX) Miki Hiraga

平賀美樹

1番印象に残っておりますのは第25号のバリトンサックス特集にて記事を書かせていただいたことです。
中学生の頃、吹奏楽部顧問の先生に今後はバリトンサックス専門でやらないかと言われ、影でこっそり涙し、きっぱりと拒否したことを思い出します。当時は楽器の重さ( …重い)、楽曲での役割(旋律の少なさ)等、思うことがあったのですが、その後サクソフォーンを専門的に学び、アンサンブルにおいての低音域の重要さ、吹奏感の心地良さに目覚め、社会出た時にはどんな機会でも自ら進んで選択してしまうバリトンサックス(笑)。バリトンサックス奏者の1人としてこの特集記事のご依頼いただいた時は本当に嬉しかったです。100号記念、誠におめでとうございます!


平野公崇(ブルーオーロラ サクソフォン・カルテット) Masataka Hirano

平野公崇
ⓒノザワヒロミチ(CAPSULEOFFICE)

「THE SAX」さん。100号おめでとうございます。思えば、最初の御披露目のパーティにもお招きいただき、長い長いお付き合いをさせていただいています。名の通り、サックスの専門誌として、他では知り得ない専門的内容、痒いところに手が届くお得情報、心温まる良い話等、盛り沢山で、いつも楽しみに読ませていただいています。これからも私達とサックスを愛する方々とを繋ぐ架け橋であり続けてください。


<前へ      1   |   2   |   3   |   4   |   5