サックス記事

藤本匡光の宅録入門

THE SAX vol.102 特集1│はじめよう!サックス宅録

さて、ここからは藤本匡光氏に、自宅録音ビギナーに必要な知識や手順を一からレクチャーしてもらおう。すべてをマスターすれば、人気ユーチューバーも夢ではない!?


はじめに

ここ数年、YouTube などの動画共有サイトでは、アマチュアミュージシャンが自分のサックス演奏をアップロードして、多くの視聴者(チャンネル登録者)を獲得しています。バンドを組んでステージに立ったり、セッションに出かけて演奏を楽しんだりするだけにとどまらず、演奏動画をアップロードして世界中の人に視聴してもらうことも、いまやスタンダードな音楽活動と言えそうです。

しかも、演奏動画の高音質化が進んでいます。少しでも音質が悪いと視聴者の離脱率が大幅に上がり、視聴者(チャンネル登録者)の獲得は期待できなくなってしまいます。昔は、デジタルカメラやビデオカメラで撮った「撮って出し演奏」がほとんどでしたから、音質はお世辞にも良いとはいえませんでした。でも、それはそれで味がありましたけどね。

そこで、今回は「高音質の演奏動画のつくりかた」の大まかな流れをご紹介します。「興味はあったけれど、なんだか難しそう!」と思っていた方や「今よりも高音質の演奏動画を YouTube にあげたい!」と意欲満々のあなたに、とっておきの方法をお教えします。

藤本匡光,Fujimoto “MASAX” MasahikoFUJIMOTO “MASAX” MASAHIKO

Profile
藤本匡光(Fujimoto “MASAX” Masahiko)

神戸市出身。14歳でサックスに魅せられ、県立兵庫高等学校で吹奏楽部に所属。卒業後はポピュラーサックスに転向し、89年に上京。Playboy Jazz Fes '92 in Tokyo Dome を皮切りに、Urban Sound International convention にも出演。ワーナーミュージック・ジャパンやポニーキャニオンからバンドでのメジャーデビューを経て、TX系「最高!ブギウギナイト」やNHK「きよしとこの夜」等の音楽番組ハウスバンドにも参加。2001年にはコンテンツ制作会社 有限会社トライトーンを設立し、音楽制作・アーティストサポート・録音・サックス指導など幅広く活動中。

 

次ページに続く

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>