THE SAX56連動CD サウンド試聴 

J-POPバラード×SmoothJazz/R&B│JAZZ Diggin' in NY│EWI

 

 

CD収録内容

最新56号・次号57から定期購読をスタートするとTHE SAX連動
演奏+カラオケ収録CDをもれなくプレゼント。

今回の特典は特集連動のスムースジャズ・R&BスタイルのJ-POPバラード。
演奏は56号特集で奏法レッスンガイドで指南してくれた注目度No1のプレイヤーかわ島崇文。
久保田利伸、JUJU、EXILE、中西保志の珠玉のバラード、かわ島崇文によるサックスバージョンはまさにソウルフルでメロウなサックスの仕上がり。ジャジーにクールなサックスをモノにしたいなら必聴のトラック!4曲すべてカラオケ対応。

ジャズDiggin' in NY企画連動したNYジャズクラブ『Smalls』ライブ収録音源、本場の臨場感が伝わってくる。48号で紹介した老舗ジャズクラブSmallsと52号で登場したジョエル・フラームのサウンド、NYをベースに世界で活躍中のウィル・ヴィンソンのサックスプレイと、どちらもギターソロも入った聴き応え十分なトラックとなっている。

そして新たなるサウンドスタイルを表現した藤枝伸介によるEWIスペシャルトラック、クリエイティブな楽曲『GENESIS』。サックスとは違ったサウンドで展開できることを魅せてくれ、クラブミュージックやアートシーンでの表現としてEWIをとりいれるやり方は幅広い可能性を感じさせてくれる。

 

56号楽譜では、特集と連動しこのCD収録演奏バージョンの楽譜4曲をアルト譜面で掲載している。楽曲の表現を研究し演奏と楽譜を照らし合わせ何度も聴きこんで、サックススキルにつなげていこう。
メロウなスムースジャズやポップス、よりジャズやクラシックにしたり自身の好きなスタイルで楽しんで、この冬のイベントシーズンは、しっとりとしたバラードをサックスプレイでキメてみてはどうでしょうか。

 


【関連アーティスト】

かわ島崇文藤枝伸介



PICKUP

おすすめ記事

画像
ARTIST

I♥Rollins Message to Mr.Jazz Giant

国内一流プレイヤーたちが寄せた敬愛するソニー・ロリンズの魅力


画像
LESSON

vol.30「良いパートリーダーって??」

THE SAX vol.52(2012年3月25日発刊)


画像
MUSIC

Pianists Insight 第4回 泉谷絵里

ピアニストの目線で、クラシックサックスを鋭く斬る!


画像
ARTIST

All about Jazz Tenor Giant SONNY ROLLINS

アーティスト研究:ソニー・ロリンズ


画像
LESSON

vol.29「イメージを実際のものにするために」

THE SAX vol.51(2012年1月25日発刊)


画像
MUSIC

Pianists Insight 第3回 野原みどり

ピアニストの目線で、クラシックサックスを鋭く斬る!








 

ページトップへ