T-SQUARE「AI Factory」のリリースが決定!

いまも進化し続ける渾身の最新作

デビューから42年というキャリアを誇る日本を代表するモンスター・ポップ・インスト・バンドT-SQUARE。
新型コロナウイルスの影響で発売延期を余儀なくされていた、ニューアルバム「AI Factory」が、6/10(水)に発売されることが決定した。
フロントマンとして強力なオーラを放ち、その魅力とともに人間味溢れるプレイが聴く者を虜にする伊東たけし、トップギタリストとしての存在感がますます光る安藤正容、世界レベルのプレイヤーであり、またJ-ポップ・フィールドでも引っ張りだこの天才ドラマー坂東慧、そして病に倒れ前作のレコーディング不参加を余儀なくされたキーボードの河野啓三がめでたく復帰、ここに田中晋吾(Bass)、白井アキト(Key)という若手トップ・フレイヤーのサポートを加えて万全の体制で臨んだ新作だ。今回は古巣、ソニーミュージックスタジオで旧知のレコーディングエンジニアと共にレコーディング。原点を見つめつつ、常に進化し続けるスクエアスタイルがそこにある。
タイトルの 「AI Factory」 は「近未来の愛(AI)と友情のファクトリー」といった意味が込められているという。いまも進化し続けるT-SQUAREの最新作に要注目!

AI Factory

「AI Factory」T-SQUARE

【OLCH10017-18】¥3,700(税込) T-SQUARE Music Entertainment
[演奏]伊東たけし(Sax)、安藤正容(Guit)、河野啓三(Key)、坂東慧(Ds)/田中晋吾(Bass)、白井アキト(Key)
[収録曲]AI Factory、Geisha、Daylight、Rising Scope、88/200、残照、Colors Of The Smile、Darwin、Over The Border

登場するアーティスト

伊東たけし
Takeshi Itoh

1954年3月15日生まれ。福岡県出身。大学在学中よりソロ・サックス・プレイヤーとして活動する傍ら、学生ビッグバンドに加入し、コンサート・マスターを務める。数々のコンテストに参加し、多くの賞を獲得。77年にザ・スクェア(現T-SQUARE)に加入し、78年にプロ・デビュー。以来、バンドのフロント・マンとして活躍し、多くのアルバムをリリース。同時にソロ・プレイヤーとしても数々の作品を発表してきた。91年にバンドを退団してソロ活動を開始するが、2000年にT-SQUAREに復帰し、以降も精力的に活動中。2007年に発表したソロ名義のアルバム『Mellow Madness』も好評を得ている。