東京佼成ウインドオーケストラ情報

「ニュー・サウンズ・イン・ブラス2020」「吹奏楽燦選/シンフォニア・ノビリッシマ」

日本を代表する吹奏楽団 東京佼成ウインドオーケストラ。現在、コンサートは中止を余儀なくされているが、このほどアルバムを発表した。
一枚目は「ニュー・サウンズ・イン・ブラス2020」。吹奏楽のポップスジャンルにおける草分け的レコードとして1972年に第1作を発表し、それ以来40年以上に渡って年1作のペースでリリースされている。日本の吹奏楽の父 岩井直溥を中心としたこのシリーズは吹奏楽シーンに大きな影響を与えている。今年もさまざまなジャンルから選曲された楽曲が多数収録されている。
もう一枚は、「吹奏楽燦選/シンフォニア・ノビリッシマ」。こちらも吹奏楽の多彩な魅力、可能性を紐解いていくシリーズで、吹奏楽に欠かせないレパートリーから可能性を見出していく楽曲までがラインナップされている。今回のアルバムには、ジェイガーやチャンス、V.ウィリアムズ、兼田敏などの重要レパートリーが収録されており、聴き応えは十分。
どちらのアルバムも東京佼成ウインドオーケストラの緻密なアンサンブル、ダイナミックな音色を聴くことができる。
また、東京佼成ウインドオーケストラでは、公式YouTubeも配信中。演奏会の動画のほか、ファンの質問にメンバーからの回答もアップされており、こちらもぜひチェックしてほしい。

pastel

「ニュー・サウンズ・イン・ブラス 2020」

【UICZ-4471】 ユニバーサル ミュージック
[収録曲]威風堂々、ベートーヴェン生誕250周年メドレー、21世紀のスキッツォイド・マン、Official髭男dism メドレー、菅野よう子アニメ作品、マイバラード、ムーラン・メドレー、アナと雪の女王2 メドレー、アベンジャーズ・エンドゲームのテーマ

 

pastel

「吹奏楽燦選/シンフォニア・ノビリッシマ」

【COCQ-85485】日本コロムビア
[指揮者]大井剛史(正指揮者)
[収録曲]R.ジェイガー:シンフォニア・ノビリッシマ、J.B.チャンス:呪文と踊り、R.V.ウィリアムズ:イギリス民謡組曲、三善 晃:吹奏楽のための 《クロス・バイ マーチ》、兼田 敏:シンフォニック・バンドのためのパッサカリア、W.H.ヒル:セント・アンソニー・ヴァリエーションズ(原典版)、保科 洋:復興(2013年改訂版)、〈ボーナストラック〉A.バローゾ:岩井直溥 編:ブラジル、和泉宏隆/真島俊夫 編:宝島

東京佼成ウインドオーケストラ 公式YouTube
https://www.youtube.com/user/tkwojapan