サックス記事

ジャズジャイアンツの憧れの音色を手に入れる

THE SAX 64号 特集1
レジェンド縦

「THE SAX」編集部が今回の特集のためにピックアップした奏者は、チャーリー・パーカー、ポール・デスモンド、アート・ペッパー、ルー・ドナルドソン、キャノンボール・アダレイ、ジャッキー・マクリーン、フィル・ウッズ、メイシオ・パーカー、デヴィッド・サンボーン、ケニー・ギャレットという10人のレジェンド。彼らの音色の特徴を紹介するとともに、それに近づく方法をレクチャーしようという内容だ。

Q1:そのプレイヤーの音色はどのような点が個性的で素晴らしい?

Q2:その音色に近づくための方法は?

Q3:そのプレイヤーの音色が分かり易く確認できる録音物は?

という3つの設問を作成。それに対する答えを音色の良さに定評がある国内のアルト奏者7人に寄せてもらった。その顔触れは、土岐英史、大森明、多田誠司、池田篤、勝田一樹、山田穣、本間将人というジャンルや年代は違えども、いずれ劣らぬ個性的な美音プレイヤーたちだ。


さらに10人のレジェンドの音色の傾向を分類し、タイプ別にその音色に近づく対策法を解説。指南してくれるのは、やはり音色の良さで知られる石崎忍だ。

 

そして特集の締めくくりには、今回取り上げた10人の中からチャーリー・パーカーとアート・ペッパーの美しい音色が堪能できる名演2曲の楽譜を用意。石崎忍の採譜によるパーカーの『Everything Happens to Me』、ペッパーの『Star Eyes』で音色を磨こう!

特集楽譜








メニューリスト