サックスオンライン_サックス奏者ガイド|渡辺ファイアー|Watanabe Fire
サックスアーティストトップ

渡辺ファイアー | Watanabe Fire

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

1963.8.6東京生まれ。17歳でAlto Sax の音色に魅せられ、大学時代からバンド活動を行ない、池田聡のツアー参加を機にプロ活動を開始。E-Zee Band、CHAKA、バブルガムブラザーズのツアーとレコーディング等に参加し、1996年にはフジテレビの深夜番組「ラテン専科」にレギュラー出演。サックスのベルから火を放つなど傍若無人ぶりを発揮する。1999年には大木トオル30周年ツアーに参加し、Ben.E.King、ELVIN BISHOP と共演。FUNK を活動の中心とし、SOY SOUL,funk orchestra T.P.O.などのライブ、レコーディングに参加。バーベQ 和佐田らとのセッション活動、JAZZでは森山威男と共演。また、自己のグループであるGOO PUNCH!やリーダーセッションも多数。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
セルマー マークⅥ #214XXX
MOUTHPIECE
バンドーレンS25
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3
CASE
BODY
セルマー マークⅦ 308XXX
MOUTHPIECE
メイヤー6MS
LIGATURE
ラボーズM
REED
CASE
BODY
セルマー マークⅥ 2141XX
MOUTHPIECE
ボビーデュコフ D9、ウッドストーン メタル 8
LIGATURE
REED
ラ・ヴォーズ M
CASE
BODY
セルマー スーパーアクション シリーズ
MOUTHPIECE
ルソー JDX7
LIGATURE
REED
ファイブラセル MH
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
< CDアルバム >
GOO PUNCH!

GOO PUNCH! 2nd 2009-09-30
COLUMN 関連記事
画像

Funk&Soulの世界へようこそ...

05.31.10


生まれ
血液型
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
チャーリー・パーカー。音にシビレて、スピード感に圧倒され、表現力に平伏した。お手本。
影響を受けたアルバム
渡辺貞夫「モーニング・アイランド」初めて買ったインストのアルバムで、これを 聴いてサックスを始めようと思った。
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

AFRIKA(1994年1月22日渋谷クロコダイル)ファンクミュージックへの道を歩むきっかけとなった演奏。自分のお小遣いで買ったレコードが渡辺貞夫さんの「カリフォルニア・シャワー」。私がサックスを吹奏楽部で吹き始めたころで、渡辺貞夫さんは憧れの存在。この頃、よくこのレコードを聴いていました。

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

ヤナギサワが放つ、衝撃のネック止めネジがついに発売

09.13.19

奏者の間で“音や吹奏感が変わる”と話題のネック止めネジが、なんとあのヤナギサワか
続きを読む>>

世代をつなぎ、ジャンルを超え、地域に橋を架ける都市

09.17.19

ミューザ川崎シンフォニーホールをはじめとするコンサートホールやライブハウス、2つの大きな音楽大学など、市
続きを読む>>


メニューリスト