サックス記事

クラシックとジャズの境界線

プレイヤーそれぞれのフィロソフィー

サックスという同じ楽器を使っていても交わることが少ないクラシックとジャズ。これは奏者にとっても同じことで、クラシック奏者がジャズを学びたいと思っていても、何から始めたらいいのかわからない。ジャズ奏者がクラシックを学びたいと思っても同じことがいえるだろう。この見えない壁を乗り越えてきたサックス奏者に、クラシックとジャズについてのそれぞれの哲学を語ってもらった。

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>