サックス記事

コロナ禍に倒れたジャズアルトの巨星 リー・コニッツのすべて

THE SAX vol.101

惜しくもコロナウイルスの犠牲となって帰らぬ人となった、ジャズアルトの巨匠リー・コニッツ。巻頭Cover Storyでは、コニッツから直に薫陶を受けた大森明氏のインタビューを掲載したが、今回は特集でもリー・コニッツが残した偉大なる功績にスポットを当てる。まずは、常に他の誰とも似ていない個性を保ち続け、孤高のカリスマへ登りつめた激動の生涯を辿っていこう。(文:杉田宏樹)

次ページに続く
・パーカー直系ではない独自性を持ちクール派の代表に
・60年代からはヨーロッパのジャズマンとの関係を推進
・晩年も大御所の地位に安住することなく音楽を追求
・国内トッププレイヤーに訊くリー・コニッツ永遠の魅力
・リー・コニッツを知るために押さえておきたいアルバム10選

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4      次へ>