サックス記事

挨拶代わりの一発フレーズ Party SAX !

THE SAX 67号 特集1
庵原良司氏

パーティ・シーズンの到来で、サックスの演奏を頼まれているという人も多いのではないだろうか。もちろん、この季節だけではなく、サックスをちょっと吹いてみてというリクエストを受けることは、間々あるだろう。そんなときにマスターしておくと重宝する必殺フレーズを今回はいくつか紹介している。 そして、その吹き方をレクチャーしてくれるのは、コンボからビッグバンド、そしてジャズのみならずクラシックやJ-POPのスタジオ・シーンまでと幅広く活動する庵原良司氏だ。

 

まずは各種宴会などでちょっと披露するのに最適な一発フレーズを6つ紹介。スティーヴィー・ワンダー『愛するデューク(Sir Duke)』、石川さゆり『津軽海峡・冬景色』、ワム!『ケアレス・ウィスパー(Careless Whisper)、アニメ『名探偵コナンのテーマ』、映画『ピンク・パンサーのテーマ』、そしてチェッカーズ『ギザギザハートの子守唄』というバラエティ豊かなラインナップだ。演歌ならではのグロウトーンや軽快なテンポのナンバーで効果的なスピード感を生み出すグリスアップなど、個々の奏法解説も庵原氏が丁寧にしてくれている。

クリスポッター

そして比較的オフィシャルな場所で1曲をまるまる演奏する場合を想定して、シチュエーション別に使える楽曲を同じく庵原氏の指南で3曲紹介している。まずクリスマス・パーティ用にアメリカン・ポピュラー・スタンダードの『ウィンター・ワンダーランド』、次にウェディング・パーティ用に、J-POPユニットいきものがかりのヒット曲『ありがとう』、そして様々なシチュエーションに使えるサックスを象徴するナンバーとして番組終了を惜しむ意味も込めて『僕らの音楽(オープニングテーマ)』をピックアップ。『ウィンター・ワンダーランド』はテナー、『ありがとう』はアルト、そして『僕らの音楽(オープニングテーマ)』はアルトとテナー両方の楽譜を用意した。

 

伴奏付きで練習したい方はこちら↓

定期購読
定期購読
定期購読


さらに、定期購読者へのプレゼント楽譜として、同じく庵原良司氏にアレンジを依頼し、伝統的バースデイソング『HAPPY BIRTHDAY』のサックス四重奏版を用意したので、 お楽しみに!
【関連キーワード・アーティスト】







メニューリスト