サックス記事

ヴィンテージサックス解体新書|Part.3 Conn & Buescher

THE SAX vol.40
[この記事の目次]
2│CONN編
3│BUESCHER編

Conn & Buescher 編

前回お送りしたセルマー・マークⅥが、ずば抜けた楽器操作性、気品あるルックス、サウンドで人気を博したのに対し、コーンとブッシャーは、オリジナリティに溢れる機能を備えた個性的なルックスと、なんと言っても太く芯のあるアメリカンサウンドが魅力だ。
今回は、コーン、ブッシャーそれぞれ現在においても人気の高い機種を取り上げ、各パーツの特徴などを検証、解説していこう。
PHOTO: YU KUSANO 【撮影・取材協力店】 ■石森管楽器 http://www.ishimori-co.com/ ■サックス専門店ウインドブロス http://www.rakuten.co.jp/windbros/ ■管楽器専門店 ミュージックライフTAO(東京店) http://www.m-l-tao.com/ ■THE中古楽器屋 http://www.tcgakki.com/


※製造年には諸説有り
次のページ: CONN編
[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3      次へ>