サックス記事
レジェール・リード創業者マーク・コルトショット氏インタビュー

レジェール・リードの知られざる秘密に迫る!

人工リードのパイオニア的ブランドである「Légère Reeds(レジェール・リード)」。世界はもちろん、ここ日本でも愛用するプロ奏者が多く、人工リードが市民権を得たのも、このレジェール・リードがきっかけと言っても過言ではないだろう。
そんなレジェール・リード社の創業者であり、開発者でもある社長マーク・コルトシェット氏にインタビューを敢行。開発秘話から、レジェール・リードの活用術を聞いてみた!
(取材協力:株式会社グローバル)

もともとレジェールリードを開発しようと思ったきっかけは?
マーク
「レジェール・リード」は、科学者であるギィ・レジェールと私が共同で開発したリードです。ギィはクラリネット奏者でもあり、リードのバラつきにいつも悩まされていました。彼はリードとして使える理想的な人工素材を探し求めていました。そして彼は「これなら実現できる!」と思った素材を見つけ出し、当時トロント大学で材料工学(材料科学)の教授であった私に協力を求めてきました。こうして、私は彼とともに人工リードの開発に必要な機械と工程を製作していきました。
どういったリードを目指しましたか? 開発コンセプトをお聞かせください。
マーク
私たちが目指したのは、均一で、反応が早く、長期間使えるリードであり、天然の良いリードと同等の品質で、世界の第一線で活躍する奏者が不安なく使えるリードでした。幸運にも、私たちのユニークな材質と専門的なテクノロジーはこれを可能にすることができ、「ストレスから解放された演奏」を提供できるようになりました。
独特な形状を持つレジェールは、リードの振動によって、音色を決定づける「基準音」と「倍音」の両方がどのように生み出されるかの理解に基づき開発しています。この形状は、品質の良い天然リードに近いですが、より優れた反応を出すためにリードの重さを減らし、より薄くしています。

>>次のページへ続く
最後にマーク氏オススメのリードローテーション術も!

 

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>