FUNKY SAX奏者が東京の老舗ライブハウスをDISCOにしてしまった夜

2018.12/28(金)高円寺ジロキチ(東京)

藤野美由紀 FUNK & DISCO Night!

 
2018.12/28(金)高円寺ジロキチ(東京)
[演奏]藤野美由紀(As)、玉川雄一(Guit)、吉野ユウヤ(Key)、矢部裕史(Bass)、足立 学(Ds)、Special Guest:藤枝伸介(Ss,Ts,Fl)
[曲目]Bright lights big city、Down south、Water no get enemy、You are everything、Don't take to me、Billie Jean、September、Pass the peas、Right time Right place、Feel like making love、Pick up the pieces、Soul machine
 

1stステージは、ドFUNK曲! 2ndステージは、DISCOタイム! というように趣向を凝らした演出がされており、往年の名曲を交え、そのルーツをしっかりと受け継ぎ制作された、藤野美由紀自身のニューアルバム「Right Time」からの楽曲も披露された。

この日のジロキチは、イスだけでフロアが埋め尽くされ、テーブルも置けない状態。入口付近は開演前に立ち見が出るほどの大盛況ぶりであるが、ジロキチのスタッフがテキパキと対応している姿に好感がもてた。そんな和やかな雰囲気の中、お待ちかねの藤野美由紀とメンバーがステージへ登場。

まずはニューアルバムのナンバーを、抜群のグルーヴと共に披露。ただクールに演奏するだけでなく、ヒートアップする場面もあり、それらすべてを楽しみながらのプレイに、メンバーも終始笑顔が絶えない。

そして3曲目からスペシャルゲストの藤枝伸介(Sax)が登場。この日はテナー&ソプラノサックスだけにととまらず、フルートまで演奏してしまう技巧ぶりを披露。藤野美由紀とはステージ初共演ということだが、演奏は勿論のこと、MCに関しても絶妙なコンビぶりだ。

名曲『You Are Everything』ではフロント2人による2サックスで目一杯スウィートに演奏。バンドメンバーからは嫉妬(笑)の声が出るほどの好演に、メンバー同士のハプニングがおきる。ここではそのエピソードを詳しくお伝えできないのが残念だが、メロウな雰囲気を一気に大爆笑にしてしまう、そんな藤野美由紀の独特な演出とハプニング。皆が心底ライブを楽しんでいることがわかるシーンだ。

楽器を持ち替えながら3曲演奏した藤枝伸介がステージを降りると、1stステージ最後の曲は『Billie Jean』。数々の名曲の演奏に、歌詞を口ずさみながら踊っているお客様もおり、大盛況の中1stステージは終了。

2ndステージは1曲目から総立ちのDISCOタイム。定番曲『September』ということもあり、後ろの席のお客様はステージ上のメンバーがまったく見えないほどの盛り上がりをみせる。MCタイムでは2018年の出来事を振り返り、ファンをはじめ、藤野美由紀を支えてくれている人々への感謝を述べ、最後には世界的に活躍するサックス奏者の盟友への言葉で締めくくり、ニューアルバムのオリジナルナンバー『Right Time Right Place』を披露した。

その後、再びスペシャルゲストの藤枝伸介が登場。『Feel Like Making Love』を再びサックスデュオで情感たっぷりに唄いきった。2ndステージ最後の曲、『Pick Up the Pieces』 では藤枝伸介のホットな演奏もあり、バンドは更にヒートアップ。一気に駆け抜け、この日のステージは終了。かと思われたが、ここであっさり終わってしまう藤野美由紀ではない。アンコールとして『Soul Machine』が、ファンキーなグルーヴではじまる。いつもの?藤野美由紀マジックで何度もハプニングがおこり、ジロキチのフロアが熱気に包まれたままステージは終了。

今回は2018年を締めくくるライブということもあり、1年を振り返り、2019年の抱負や予定、大好評だったサックスデュオでは、新たな企画話も公開された。今後の藤野美由紀の動向は、雑誌やウェブなどでチェックしてもらいたい。

(文:やぶのしんいち)

【関連キーワード・アーティスト】

藤野美由紀藤枝伸介







メニューリスト