第11回サンハートアンサンブルコンクール

「音楽の力で街に笑顔と感動を」をコンセプトに、第11回サンハートアンサンブルコンクールが今年も開催される。
このコンクールは前回まで「サンハートアンサンブルオーディション」の名称で開催してきたが、今回からは「コンクール」と称されることになった。
このコンクールは、
◆演奏家の総合的な音楽表現の育成
◆演奏家自らの音楽活動を通じて社会貢献できる仕組み作り
◆地域社会においてあらゆる立場の方々が質の高い音楽に触れられる環境作り

という3つの趣旨に基づき、2012年にスタートした。通常の音楽コンクールで審査される演奏技術や音楽性に加え、プログラム構成力、プレゼンテーション力、さらに観客の心に響くパフォーマンス力など、総合的な表現力を含めた評価がなされる。これまで入賞した演奏家はサンハート主催のコンサートや、横浜市内を中心としたアウトリーチ活動に出演できる。
アルソ出版もこの趣旨に賛同し、アルソ出版社賞を提供している。受賞した組は、THE FLUTE、THE CLARINET、THE SAXいずれかを1年間無料贈呈する。また誌上に受賞組の記事を写真入りで掲載する。
国籍や年齢など応募資格はないので、たくさんの演奏家にチャレンジしてほしい。

●第11回サンハートアンサンブルコンクール
[日程]予選 2022年10月15日(土)/本選 10月16日(日)
[会場]横浜市旭区民文化センター「サンハート」ホール
[募集部門]弦楽ピアノデュオ、管楽ピアノデュオ、室内楽(8名まで)
[参加料]一組¥5,000(予選および本選の参加料として)
※チケットサイト「チケットペイ」
https://www.ticketpay.jp/booking/?event_id=38159)より応募チケットをお求めください。
チケット発券の際、手数料が発生いたしますので予めご了承ください。
[応募資格]国籍不問、年齢制限なし
[応募締切]9/11(日)
[審査員]白石光隆(ピアノ)、加藤直明(トロンボーン)、田村真寛(サクソフォン)奥田なな子(チェロ)、和田敏明(横浜市旭区民文化センターサンハート館長・特別審査員)
[賞]
○最優秀賞(1組/サンハート主催「最優秀賞受賞記念コンサート」に出演)
○優秀賞(3組程度/サンハート主催事業(アウトリーチを含む)に出演)
※最優秀賞および優秀賞の受賞組は、審査員の推薦がある場合、次年度の大阪国際音楽コンクールファイナルへの推薦が可能です。
○アルソ出版社賞(1組/アルソ出版発行雑誌のいずれかを1年間無料贈呈、誌上に受賞組の記事を写真入りで掲載)
※最優秀賞および優秀賞を受賞した組の中で、フルート、クラリネット、サクソフォンのいずれかの楽器が入った最も優秀な組へ贈られます。
○聴衆賞(1組)
○出演者全員に審査員の講評あり
[課題・審査基準]
予選:8分(曲目自由2曲/クラシックを中心とした楽曲・邦楽可)※音楽性、テクニック、アンサンブル等を総合的に評価
本選:20分(曲目自由3曲/アウトリーチコンサート形式/クラシック楽曲を1曲以上含み、トーク(自己紹介や曲紹介、コンサートを通して伝えたいことなど)も入れること)※予選の基準に加え、構成力、プレゼンテーション力、エンターテインメント性などを総合的に評価
 ・予選、本選ともに公開審査
 ・演奏時間は、音の出だしから終わりまで。楽器の設置、チューニングは演奏時間に含まれない
 ・予選時に演奏時間を超えた場合は、ベル等でカットする場合あり。ただし、減点の対象にはならない
 ・本選においては、審査指標に「構成力」が含まれるため、演奏時間を超えたり、時間が満たない場合、また時間内に課題曲数に満たない場合は減点の対象になる
 ・予選、本選ともにアコースティック楽器以外の演奏では参加できない
 ・本選では、トーク用にワイヤレスマイクを2本用意。使用の有無は自由
[申込み]
応募用紙(ホームページhttps://www.sunheart.info/eventよりダウンロード可能)に必要事項を記入の上、来館、郵送、eメールのいずれかで申込み
※いずれの場合も予めチケットペイにて応募チケットをお求めの上、右半券を応募用紙に貼付のこと
※郵送の場合は下記宛に送付
〒241-0821神奈川県横浜市旭区二俣川1-3
横浜市旭区民文化センターサンハート「アンサンブルコンクール」係
※メールの場合は、申込書のスキャニングデータ(PDF)または申込書の写真をsunheart@sunheart.infoに送付
[問合せ]横浜市旭区民文化センターサンハート 045‐364‐3810(9時~21時・不定休)