サックス記事

Pop Musicシーンとアーティスト

また、本誌の表紙と巻頭インタビューを飾ったのは、タレント・俳優・サックス奏者として、テレビや舞台、クラブ・シーンなどで幅広く活躍する武田真治。藤井尚之に魅了され、チェッカーズのようなバンドでサックス奏者としての活躍を夢見たのが上京のきっかけというほどに、この楽器に惚れ込んでいる。テレビではあまり見ることができない“サックス奏者”としての武田真治に迫ったインタビューは必見だ。

そして、本誌人気コーナー「あの名曲をモノにする」では、ポップス特集にちなんでMISIAにクローズアップ。スムース・ジャズプレイヤーのかわ島崇文が、MISIAの「Everything」を題材に“歌モノ”をサックスでモノにする際の重要なポイントを指南している。SAX Club会員には模範演奏CDも付いているので、ポップスをサックスでぜひモノにしてほしい。

 

 

ザ・サックス
<前へ      1   |   2   |   3   |   4   |   5   
【関連キーワード・アーティスト】

武田真治、竹上良成、庵原良司、山本拓夫、鈴木明男、金子隆博、織田浩司、藤井尚之、KONTA、山本公樹、小池修、土岐英史、伊東たけし、勝田一樹、武島聡、藤枝伸介、本間将人、かわ島崇文、Gerald Albright、Kenny G、Phil Woods、Dave Koz、Michael Brecker、David Sanborn、Branford Marsalis、Kirk Whalum








メニューリスト