サックス 記事画像

上野耕平<NEW GENERATION アーティスト紹介>

THE SAX vol.78 特集1

2011年、日本管打楽器コンクールにおいて史上最年少で優勝した上野耕平。2014年のデビューアルバム「アドルフに告ぐ」から約2年が経ち、2016年8月24日に待望の2ndアルバム「Listen to...」を発売する。THE SAX Club会員(定期購読会員)の皆さまにお届けするプレゼントCD、「NEW GENERATION SAX PLAYERS スペシャル・コンピレーション」に、この新作から『バザンのロマンス〜歌劇「パトラン先生」』の冒頭部分を音源提供いただいた。8月24日発売のアルバム本編とともに、ぜひ聴いていただきたい。
ここでは、本誌に載せきれなかったアンケート回答と、今後のコンサート情報を掲載しよう。

上野耕平

--どのようにサックスを学びましたか?
上野 最初は顧問の先生や先輩から。小6の頃から鶴飼奈民先生にお世話になり始め、そこからサクソフォンに関しての知識や奏法などを教えて頂きました。

--プロになったきっかけは?
上野 小4の時に須川展也先生の演奏を聴いて衝撃を受けたこと。そこから向上心が生まれどんどん音楽の魅力にハマっていき小6の時にはプロになる決心をしていました。

--よくやる練習方法は?
上野 ロングトーンなどの音を磨く練習、スケール、タンギング練習。マウスピースで音階を吹くエクササイズ!

■使用楽器&セッティング
<アルト>
楽器:ヤマハ 875EXG
マウスピース:セルマー 180
リード:バンドーレン トラディショナル3半
リガチャー:ハリソン復刻版GP

<ソプラノ>
楽器:ヤマハ 875EXG
マウスピース:セルマーS90、170
リード:バンドーレン トラディショナル3半
リガチャー:ハリソン復刻版GP

■CD Information
「Listen to...」上野耕平
【COCQ-85295】¥3,000(税抜)*8月24日発売
[曲目]カルメン・ファンタジー for サクソフォン(ビゼー:山中惇史編)/熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ:網守将平編)/家路~交響曲第9番《新世界より》(ドヴォルザーク:林そよか編)/モスクワ川の夜明け~歌劇《ホヴァンシチナ》(ムソルグスキー:伊賀拓郎編)/チャルダーシュ~歌劇《騎士パズマン》(J.シュトラウス2世:山中惇史編)/バザンのロマンス~歌劇《パトラン先生》(バザン:山中惇史編)/ラプソディー・イン・ブルー(ガーシュウイン:長生淳編)/ボーナス・トラック:ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー(モリコーネ:福廣秀一朗編)
[演奏]上野耕平(Sax)、山中惇史(Pf)


<上野耕平 オフィシャルサイトよりPV>

2016 上野耕平 Concert Information

■9月29日(木)
CD発売記念コンサート
会場:王子ホール(03-3564-0200)

■10月1日(土)
せんくら サクソフォン・ファンタジー
会場:エル・パーク仙台(022-268-8300)

■10月2日(日)
せんくら ガラコンサート
会場:イズミティ21(022-375-3101)

■12月7日(水)
りゅーとぴあワンコインコンサート
会場:りゅーとぴあ(025-224-5521)

■12月14日(水)
浜離宮ランチタイムコンサート
会場:浜離宮朝日ホール(03-5541-8710)

上野耕平 王子ホール
取材協力:日本コロムビア

 

今後の上野耕平氏の出演情報は、こちらをチェック!
http://uenokohei.com/

 

THE SAX Club 限定特典CD
「NEW GENERATION SPECIAL Compilation CD」の詳細はコチラ

 

【関連キーワード・アーティスト】

上野耕平






THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト