画像

BEATBoX SAX デレク・ブラウン

THE SAX vol.87  Interview

YouTubeで380万回以上の再生数を誇る、話題沸騰中の“BEATBoX SAX”(ビートボックスサックス)!
ヒューマンビートボックスのサックス版とも言えるこの信じ難いサックスのプレイ・スタイルで世界中の音楽ファンを驚かしたのは、シカゴ在住のデレク・ブラウンだ。そんなデレクが12月に初来日を果たした。多忙なスケジュールの合間を縫って、インタビューに応じてくれた。「デレク・ブラウンって、一体どんな人?」 そんな謎が今解き明かされる!(取材協力:管楽器専門店ダク、通訳:森 紀明)


BEATBoX SAX_YouTubeより

クラシックやジャズを勉強した大学時代

――
日本は初めてですか?
デレク
Yes! 日本は今回が初めてなんだ。先月1ヶ月間ロシアをツアーして、その後4日間だけシカゴで妻と過ごして、それからドバイ経由で日本に来たんだよ。忙しいけど、とてもエキサイティングな経験だったよ!
――
もともとご出身はシカゴなのですか?
デレク
出身はミシガン州の小さな街で、地元のカレッジを卒業して、その後にシンシナティの大学院で勉強したんだ。卒業後はテキサスの小さな大学で6年間、クラシックとジャズ・サックスのインストラクターをしていたんだ。でも3年前に教えることをやめて、妻と一緒にシカゴに引っ越した。それからはフルタイム・ミュージシャンとして活動しているよ。
――
サックスはいつから始めたのですか?
デレク
12歳の頃、吹奏楽の授業がきっかけで始めたんだ。両親が僕に音楽教育を受けさせたくて、半ば強制的にね(笑)。それで僕はちょっと頭にきて、いろんな楽器の中から、一番高価そうに見えたサックスを選んだというわけさ。今となっては両親に感謝しているけどね。。
――
ご両親も楽器を?
デレク
父が少しだけキーボードを。あと両親とも歌うのは好きだね。
――
どのようにサックスを勉強してきたんですか?
デレク
学校の外では個人レッスンも受けていたんだ。それでミシガンのホープ・カレッジという大学に進学したんだけど、そこでは素晴らしい同級生に恵まれて、彼らに刺激を受けて毎日練習に励んだよ。 小さな大学ならではのいいところもあって、学生数も少ないのでビッグバンドのリードや、オーケストラピットの仕事など、多くの良い機会を得られたんだ。それまでは、自分に自信を持つことに苦労してきたけど、大学でいろいろな機会を与えられて試すことができたことが僕にとってはとても良かったんだ。 ホープ大学卒業後、シンシナティ大学に行ったらそこではもっとたくさんの素晴らしいプレイヤーたちがいて、もっと努力しなきゃいけないなということに気付かされたよ。
――
その頃目指していたものは?
デレク
その頃はまだBEATBoX SAXはやってなくて、ニューヨークに出てジャズ・ミュージシャンとしてやっていくことを目指していたんだ。若いミュージシャンにとっては当たり前だと思うけど、その頃はまだ、それがどれだけ大変なことで、ニューヨークにはどれだけの素晴らしいミュージシャンがいるかということも分かっていなかった。

(続く)

・日常の閃きから生まれた“BEATBoX SAX”

・人生を変えたYouTubeの存在

・セルフ・プロデュースとブランディング

・日常の閃きから生まれたBEATBoX SAX

・柔軟性と耐久性のあるセッティング

・デレク・ブラウン直伝! BEATBoX SAX必須テクニック(動画&譜例付き)

 


Profile
Derek Brown(デレク・ブラウン)
アメリカ・ミシガン州出身。地元の大学で音楽を学んだ後、シンシナティ大学院へ進学。卒業はテキサスのアビリーン・クリスチャン大学でサックス・インストラクターを6年務めた後、2014年に現在の拠点となるシカゴに移住。同時期よりビートボックスのようなテクニックを取り入れた“BEATBoX SAX”という独自のスタイルで、YouTubeやコンサートツアーを通して世界中の音楽ファンを驚かす。新しい音楽シーンを牽引するアーティストの一人である。P.モーリア専属アーティスト。

デレク・ブラウンのホームページに、これまでにアップしてきたYouTube動画の紹介や、そこで演奏した楽曲の譜面が 詳しい解説付きでリリースされているので、気になる方はぜひチェックを!https://derekbrownsax.com/

この記事の続きはCLUB定期会員限定です。メンバーの方はログインしてください。 定期会員に入会するとこの記事をすべてお読みいただけます。

1   |   2   |   3   |   4   |   5      次へ>      
【関連雑誌・キーワード・アーティスト】

デレク・ブラウン



編集部が探してみました♪のコーナー

05.01.18

昨年暮れにヤマハより販売開始された82Zの“アトリエスペシャル・モデル”、YTS
続きを読む>>

実は奥が深い!リフェイス作業の本質がわかるイベント

06.13.18

Gottsuマウスピース。製作者である後藤将彦氏を迎え、サックスマウスピースリフェイス講
続きを読む>>

アーシャ・ファテーエワ & 住谷美帆 〜クラシック

06.07.18

若手サックス奏者の登竜門として知られるアドルフ・サックス国際コンクールで女性初の入賞(第3位)を果たした
続きを読む>>


THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


>>もっとみる

 

ページトップへ

メニューリスト