「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」佐藤竹善

THE SAX vol.99 l Disc Review【POPS】
「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」佐藤竹善

「Don’t Stop Me Now ~Cornerstones EP~」佐藤竹善

【BDPL-0001】¥2,500(税別) ユニバーサル・ミュージック
[演奏]佐藤竹善(Vo) 他
[収録曲]Don’t Stop Me Now(QUEENカバー/Arranged by エリック・ミヤシロ)、VISION(Arranged by エリック・ミヤシロ)、Laughter In The Rain feat.TOKU(NEIL SEDAKAカバー/Arranged by TOKU, 宮本貴奈)、Do I Do feat.SALSA SWINGOZA(STEVIE WONDERカバー/Arranged by 中路英明, SALSA SWINGOZA)、HealOurLand/SALSASWINGOZAfeat.佐藤竹善(JONATHANBUTLERカバー/Arranged by SALSA SWINGOZA)

 

昨年デビュー30周年を迎えた人気グループSING LIKE TALKINGのヴォーカリストである佐藤竹善が、ソロとしてリリースしてきた「Cornerstones」。古今洋邦の名曲を、原曲の良さを重視しながらアレンジを施した、竹善の音楽に対するリスペクト精神に溢れた人気カバーシリーズだ。今作は、エリック・ミヤシロ(Tp)やTOKU(Vo & Flr)、宮本貴奈(Pf)、中路英明(Tb)といった今のジャズシーンを牽引する多彩なアレンジャーを迎えたビッグバンド・アレンジでの企画となった。ビッグバンドのメンバーには、本田雅人や山本拓夫、鈴木央紹など、錚々たるサクソフォニストも参加。オリジナル新曲を含む5曲中には、クイーンやスティーヴィー・ワンダー等、竹善の音楽の礎となった楽曲を選曲。贅沢なビッグバンド・サウンドに乗って、唯一無二である竹善の清々しい歌声が冴え渡る。

 

登場するアーティスト

本田雅人
Masato Honda

国立音楽大学在学中から原信夫とシャープス&フラッツリード・アルト奏者を務める。卒業後、本格的にプロ活動を開始、数多くのアーティストのレコーディングやツアーをサポートする。1991年、T-SQUARE に加入。同バンドのフロントを飾ると共に、作曲やアレンジの面でも新風を巻き起こす。1998年、T-SQUARE を退団、ソロ・アーティストとして活動開始。その後、日本を代表するサックスプレイヤーとして人気、実力ともに現在に至るまでフュージョン界の頂点に君臨し続ける。

登場するアーティスト

鈴木央紹
Hisatsugu Suzuki

1972年11月22日大阪市生まれ。サックス奏者である父親の影響を受け4歳よりピアノ、作曲を始め、10歳よりサックスを始める。ジャズを独学で始め、16歳の時より演奏活動を開始、17歳の時「AXIA MUSIC AUDITION」においてAXIA賞Instrumental部門Grand Prixを受賞。大阪音楽大学音楽学部サックス科卒業、クラシックを前田昌宏氏に師事する傍ら、在学中もジャズでの演奏活動を行う。 現在、自己のリーダーカルテット(若井優也、佐藤ハチ恭彦、原大力)で精力的に活動を行う他、「ルパン三世」等の音楽作曲で有名なピアニスト大野雄二率いる「Yuji Ohno&Lupintic Five」を始め、原大力グループ、土岐英史グループ、江藤良人トリオ等に参加。海外のミュージシャンとの共演も多く、Benny Green、Lonnie Plaxico、Rodney Green、Conrad Herwig、 Ron Carter、Salena Jones、Kenny Washington、Peter Washington、Lewis Nash等多数、その信頼も厚い。 また、CDプロデュースワーク、楽曲アレンジ等でも「スタジオ協会録音賞」や「ゴールドディスク賞」を受賞するなど、高い評価を受けている。 そのほか数々のセッション、レコーディング、近藤房之助やZARDのサポート等、ジャンルを超え幅広く活動中。 2009年2月25日、大野雄二プロデュースによるメジャーデビューアルバムCD「Passage Of Day」をVAPよりリリース。 2014年12月3日、鈴木央紹カルテットCDアルバム[Standards++]をリリース。

登場するアーティスト

山本拓夫
Takuo Yamamoto

東京都出身。スタジオワーク、ライブともジャンルにとらわれない柔軟な感性、幅広い音楽性をもって精力的に活躍中のアーティスト。日本のミュージックシーンにおいては数多くのセッションに参加し、多方面でソリスト / セクションプレイヤーとしてその名を連ねている。サザンオールスターズ、福山雅治、Mr.Children、 椎名林檎など名高いアーティストのサポートミュージシャンを担い、アレンジャーやサウンドプロデューサーとしても活躍。オールラウンドな手法で常に新鮮な作品を生んでいる。2013年、自身をリーダーとする木管六重奏アンサンブル“Halocline”を結成。その後コンスタントに活動の幅を広げている。