楽譜とCDで楽しめる、サックスで吹きたい6曲!

THE SAX93 楽譜&演奏+カラオケCD連動特別企画

THE SAX 93号はプロ奏者による演奏とステージで活用できるカラオケトラックCDが付属。雑誌にはアドリブを採譜した楽譜と、奏者による演奏アドバイスがついたレッスンコーナーを掲載している。各楽曲の紹介とあわせて試聴音源をチェックして、普段の演奏を楽しもう!

[Track No.1]
Mercy,Mercy,Mercy
藤野美由紀(As)

『Mercy,Mercy,Mercy』は、モダンジャズ期のアルトサックス巨人キャノンボール・アダレイが1966年に発表したアルバム「Mercy,Mercy,Mercy! Live at “The Club”」に初収録されたナンバーで、作者はジョー・ザヴィヌル。ジョー・ザヴィヌルと言えば、あのウェザー・リポートのキーボーディスト、リーダーとして知られる人物ですが、『Mercy,Mercy,Mercy』を書いたのはウェザー・リポート結成前。この曲のヒット(全米ナショナルチャート11位、ソウルチャート2位)により注目され、マイルス・デイヴィスのバンドに抜擢され、そこでウェイン・ショーターと意気投合しウェザー・リポートの結成に至りました。
モダンジャズの4ビートといったイメージが強いキャノンボール・アダレイですが、この曲ではゆったりとした8ビートに乗ってファンキーに演奏しています。日本でも今ほどファンクのジャムセッションがなかった頃から、ジャズのジャムセッションでもよく演奏される定番曲です。

藤野美由紀藤野美由紀

[Track No.2]
スパルタカス 愛のテーマ
藤枝伸介(Ss)

『スパルタカス 愛のテーマ(Love Theme from Spartacus)』は、映画「スパルタカス(Spartacus)」のテーマ曲です。「スパルタカス」は1960年公開のアメリカ映画。ハワード・ファストが執筆したスパルタクスの反乱をテーマにした小説をカーク・ダグラスが自らの制作総指揮、主演で映画化した歴史スペクタクル作品です。『スパルタカス 愛のテーマ』は、アレックス・ノース(Alex North)という映画音楽を中心に手掛けた作曲家のペンによるものです。
サックスのユセフ・ラティーフ、ピアノのビル・エヴァンスやアーマッド・ジャマル、フルートのジェレミー・スタイグ、ギターのアール・クルーといった名手たちがカバーしています。近年では曲の一部分がサンプリング素材として使用された楽曲がクラブ・シーンのみならず幅広い音楽ファンの間でヒットするなど、新しいファンを生み出しています。ここで藤枝伸介氏がソプラノサックスで演奏しているのはユセフ・ラティーフのアルバム「Eastern Sounds」収録のバージョン。

藤枝伸介藤枝伸介
Photo by HIROSHI WATANABE

[Track No.3]
You Are Everything
藤野美由紀(As) & 藤枝伸介(Ts)

『You Are Everything』は今も現役で活動し、日本にも毎年のようにクリスマス時期にやってきて来日公演を行なうヴォーカル・グループ、スタイリスティックスの代表的なナンバーです。1971年のデビュー作「スタイリスティックス登場」に収録されて『Betcha By Golly, Wow』に続くヒットとなりました。リードシンガー、ラッセル・トンプキンスJr.の滑らかなファルセットヴォイスとコーラスで甘いハーモニーを織りなす彼らのスタイルはスウィート・ソウルと呼ばれましたが、その魅力がこの曲では最大限に生かされています。
作者はフィラデルフィア・ソウルの名曲を多く生み出している作曲のトム・ベルと作詞のリンダ・クリードという黄金のソングライター・コンビ。そして数多くあるカバーで最も有名なのが、1973年発表のアルバム「ダイアナ&マーヴィン」に収められた、当時のモータウンの二大スター、ダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイによるデュエットヴァージョンです。実際には二人は別々にレコーディングしたというエピソードも有名ですが、それを感じさせないほどの見事な歌声の絡み合いが聴けます。藤野美由紀さんと藤枝伸介さんのここでの演奏も、このダイアナ&マーヴィンをイメージしたものです

[Track No.4]
未来予想図Ⅱ
かわ島崇文(As)

今年デビュー30周年を迎えるJ-POPシーンを代表するアーティストDERAMS COME TRUE。『未来予想図 Ⅱ』はそんな彼らの最初期のナンバーです。作者は曲も詞もドリカムのヴォーカリスト吉田美和。曲が作られたのは彼女が高校生のときだそうです。
1989年発表の2ndアルバム「LOVE GOES ON…」に収録されましたが、シングルカットはされていません。しかし、ドリカムの代表曲のひとつに数えられるほどの人気曲で、徳永英明、河村隆一、いきものがかかり、三浦大知など、多くのアーティストによってカバーされています。
暖かくどこか切なさも感じさせるメロディを名手かわ島崇文氏が情感を込めてドラマティックに歌い上げてくれました。

かわ島崇文かわ島崇文

[Track No.5]
Piece of My Wish
かわ島崇文(As)

近年はシンガーとしての活動に軸足を置いている今井美樹。彼女が女優としても盛んに活動していた1990年代初頭に、本人主演のTVドラマ「あしたがあるから」の主題歌として発表されたのが『Piece of My Wish』です。今井美樹にとって7枚目のシングルになります。
作曲は彼女の初期作品の多くを手がけている上田知華。初のオリコン1位を獲得し、ミリオンセラーを記録しました。シンガーとしてのキャリアのなかでは、現在の夫である布袋寅泰が作曲した『PRIDE』に次ぐ売上となっています。また、初出場以来9年ぶりに出場を果たした2015年の『NHK紅白歌合戦』で、この曲を歌唱したことも記憶に新しいところです。
希望に満ちた歌詞の内容どおり、明るくゆったりとしたメロディをかわ島崇文氏がスケールの大きい演奏で歌いきっています。

[Track No.6/No.7]
Cantaloupe Island
藤枝伸介(Ts、Ss)

『Cantaloupe Island』はピアニスト/キーボーディストのハービー・ハンコックが1964年に発表したアルバム「エンピリアン・アイルズ」に収録されたファンキーなジャズ・ナンバーです。シンプルで親しみやすいメロディと当時Funky Jazzと呼ばれたリズミックなサウンドで、ジャズ・ファンの間では知らない人がいないほど親しまれています。そして、ジャムセッションでも毎回必ずといっていいほど演奏されている楽曲の一つです。
数多くのカバー・ヴァージョンが存在しますが、なかでも有名なのがロンドンのジャズ・ヒップホップ・グループUS3(アス・スリー)による『カンタループ』でしょう。『Cantaloupe Island』をサンプリングしてラップ・ヴァージョンにしたこの曲は、日本のテレビCMにも使われました。また同曲を収録した1993年のアルバム「HAND ON THE TORCH」はブルーノート・レーベルで最も売れた作品となりました。
今回の付属CDでは、クラブジャズにも精通する藤枝伸介氏による洗練されたプレイが冴え渡っています。

【関連キーワード・アーティスト】






THE COMING EVENT

今後のサックスイベント


 

ページトップへ

メニューリスト