サックス記事
サックス記事

デビューから32年、つねに第一線で活躍し続ける 須川展也

THE SAX vol.102 Interview

Nobuya Sugawa plays Bach

クラシックの世界に身を置きながら、誰もが親しめるポップスからアカデミックな作品まで広いレパートリーを持ち、常にサックス界を牽引する須川展也氏。
この度、氏の音楽活動を象徴するかのようなコンセプトを持つアルバム2タイトルが発売される。
そのひとつは、須川氏がここ数年研究を重ねてきた音楽の父 バッハの作品に真っ向から挑んだ意欲作だ。


純粋に“サックスの魔法”を楽しんでほしい

2012年に発売されたアルバム「サキソ・マジック」が8月に再発売されます。こちらは、須川さんのライフワークとも言うべき、委嘱作品を中心に収録されていますね。
須川
はい、今でもよくコンサートで取り上げている曲を収録しています。特に『日本民謡による狂詩曲』は今や世界中のプレイヤーが吹いてくれていて、海外の学生がこの曲でレッスンを受けてくれることも多い人気曲になっていて、とても嬉しく思っています。
「サキソ・マジック」というタイトルは、「聞く人すべて、サックスの魔法にかかってほしい」という思いを込めてつけました。サックスは多くの可能性を持った楽器です。美しい音色、技巧的な部分など、演奏するほうには高いスキルが必要だけど、聞いている人はそんなことを感じずにただひたすら楽しんでほしい。それこそがサクソフォンの本質かなと思っているんです。

 

次ページにインタビュー続く
・バッハはサクソフォンの出現を望んでいた!?
・すべての音楽につながるバッハの音楽を感じてほしい

 

CD information

「バッハ・シークェンス」

【YCCS-10091】 ¥3,000(税別)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ 10.21発売

[演奏]須川展也(Sax)
[収録曲]
J.Sバッハ(須川展也編 サクソフォン版)
01.無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 BWV1002(第1楽章:Allemande-Double/第2楽章:Courante-Double.Presto/第3楽章:Sarabande-Double/第4楽章:Tempo di Bourree-Double)
02.無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 BWV1004(第1楽章:Allemande/第2楽章:Courante/第3楽章:Sarabande/第4楽章:Gigue/第5楽章:Chaconne)
03.無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 BWV1006(第1楽章:Preludio/第2楽章:Loure/第3楽章:Gavotte en Rondeau/第4楽章:Menuet I/II/第5楽章:Bourree/第6楽章:Gigue)

 

「Saxo-magic」

【YCCS-10090】 ¥2,382(税別)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
8.26発売(オリジナル:2012年9月15日発売)
[演奏]須川展也(Sax)、小柳美奈子(Pf)

[収録曲]
01.石川亮太:日本民謡による狂詩曲
02.G.ガーシュウィン/Arr.挾間美帆:「すべてを知っている場所」からの便り~ガーシュウィン・メロディーズ
03.I.ゴードン&H.アーレン/Arr.挾間美帆:It's an Unforgettable Moon!
04.長生淳:L'aphorisme
05.R.&R.シャーマン/Arr.石川亮太:メリー・ポピンズ・サキソマジック~チムチムチェリー&スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
06.V.モンティ:チャルダッシュ
07.J.S.バッハ:G線上のアリア

CONCERT information

須川展也 plays J.S.BACH サクソフォン・ソロ・リサイタル

[日時] 11月26日(木)19:00開演
[会場] 紀尾井ホール
[曲目] J.S.バッハ(須川展也編 サックス版):無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲(第1番、第2番、第3番)
[チケット] 一般¥5,000/学生(50枚限定)¥2,500(全席指定・税込)
[問合せ] コンサートイマジン 03-3235-3777

SCORE information

須川展也 サクソフォン=コレクション《アレンジ編》
【SEA-017】 予価¥2,000 11.15発売

[収載曲] J.S.バッハ/須川展也:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲(サクソフォン独奏(ソプラノ、アルト)のための)
[発行] 全音楽譜出版社

 

 

登場するアーティスト

須川展也
Nobuya Sugawa

日本が世界に誇るサクソフォン奏者。そのハイレベルな演奏と、自身が開拓してきた唯一無二のレパートリーが国際的に熱狂的な支持を集めている。デビュー以来、長年にわたり同時代の名だたる作曲家への作品委嘱を続けており、その多くが国際的に広まっている。近年では坂本龍一『Fantasia』、チック・コリア『Florida to Tokyo』、ファジル・サイ『組曲』『サクソフォン協奏曲』等。東京藝術大学卒業。第51回日本音楽コンクール、第1回日本管打楽器コンクール最高位受賞。出光音楽賞、村松賞を受賞。98年JTのTVCM、02年NHK連続テレビ小説「さくら」のテーマ演奏をはじめ、TV、ラジオへの出演も多い。89年から2010年まで東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターを務めた。最新CDは16年発売の「マスターピーシーズ」(チック・コリア/ファジル・サイ/吉松隆)。トルヴェール・クヮルテットのメンバー、ヤマハ吹奏楽団常任指揮者、イイヅカ☆ブラスフェスティバル・ミュージックディレクター、静岡市清水文化会館音楽アドバイザー&マリナート・ウインズ音楽監督。東京藝術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授。

[CLUB MEMBER ACCESS]

この記事の続きはCLUB会員限定です。
メンバーの方はログインしてください。
有料会員になるとすべてお読みいただけます。

1   |   2      次へ>