画像

お気に入りのmy Ocarina ソプラノF管編

11モデルを佐藤一美さんに吹き比べてもらいました。

vol.11に引き続き、ソプラノ管の第二弾です。今回は11モデルのF調を集め、前回と同じく、佐藤一美氏に全楽器の試奏・検証をお願いしました。もちろん、11本の楽器の音はすべて、CDに収録されています。F管の購入を考えている方、F管にも挑戦してみたいと思っている方、きっと参考にしていただけると思います。ぜひ、my Ocarinaを探すヒントにしてください。

試奏したのはこの人
佐藤一美

佐藤一美 │栃木県出身。桐朋学園女子高等学校音楽科を経て同大学音楽学部フルート科卒業。同大学研究科修了。NHKラジオFMリサイタル等でフルート奏者としてプロデビュー。1994年オカリナを始め、97年にアルバム「光の道」を発表。谷津干潟を歌ったこのアルバムはNHKテレビ、ラジオ、各新聞誌上で取り上げられ、以来、全国で演奏活動を展開中。2009年、トルコ国立イズミール交響楽団にソリストとして招かれ、オペラ・ハウスの柿落としコンサートで共演。04年より毎年、目黒雅叙園主催「佐藤一美オカリナ・ディナーショー」に出演し、毎回定員を上回る人気を博している。日本童謡協会正会員(作詞、作曲)、日本著作権協会準会員。NHK文化センター、読売文化センターでオカリナ講師を務めるほか、谷津ミュージックスクール(千葉県習志野市)、大野楽器(栃木市)でフルート、オカリナ講師を務める。

 

アケタオカリーナRT-2F(コルネチーノ)
01.アケタオカリーナRT-2F(コルネチーノ)

株式会社 プリマ楽器
〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-1-8
TEL:03-3866-2215、03-3866-2210(楽器)
http://www.prima-gakki.co.jp/
オオサワオカリナ SC Single i
02.オオサワオカリナ SC Single i

株式会社 プリマ楽器
〒103-0004 東京都中央区東日本橋1-1-8
TEL:03-3866-2215、03-3866-2210(楽器)
http://www.prima-gakki.co.jp/
庁鼻和窯 縄文オカリナ ソプラノF管
03. 庁鼻和窯 縄文オカリナ ソプラノF管

庁鼻和窯
〒366-0033 埼玉県深谷市国済寺576-5
TEL:048-571-3243
http://www2.ocn.ne.jp/~kobanawa/
C工房悠オカリナ SC (半炭化仕上げ)
04.工房悠オカリナ ソプラノF(半炭化仕上げ)

工房 悠
〒383-0034
長野県中野市新野801
TEL:080-1068-9214
http://koubouyu.web.fc2.com/
ひぐらしオカリナ 上モデル HF管
05. ひぐらしオカリナ 上モデル HF管

ひぐらしオカリナ研究所
〒270-2253 千葉県松戸市日暮5-204
TEL:047-386-5626
 森の音オカリーナ 3F
06. 森の音オカリーナ 3F

オカリーナ工房 森の音
〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村みそら野836-72
TEL:0261-72-7923
http://www.dia.janis.or.jp/~morinone/
加藤オカリナ LIÉTO ソプラノF
07. 加藤オカリナ LIÉTO ソプラノF

株式会社ヤマハミュージックジャパン
楽器営業本部 商品企画部 教育・アクセサリー企画課
〒108-8568
東京都港区高輪2-17-11
TEL:03-5488-1686
 ティアーモオカリナ ファエンツァ 3F
08. ティアーモオカリナ ファエンツァ 3F

有限会社 林楽器商会
〒166-0012
東京都杉並区和田2-45-7
TEL:03-3383-6151
http://shop.rhythmania.co.jp/
ティアーモオカリナ イタリアーナ 3F
09. ティアーモオカリナ イタリアーナ 3F

有限会社 林楽器商会
〒166-0012
東京都杉並区和田2-45-7
TEL:03-3383-6151
http://shop.rhythmania.co.jp/
ティアーモ黒陶オカリナ 3F
10. ティアーモ黒陶オカリナ 3F
    大沢セレクション


有限会社 林楽器商会
〒166-0012
東京都杉並区和田2-45-7
TEL:03-3383-6151
http://shop.rhythmania.co.jp/
カンターレ・オカリーナ スタンダード 3F
11.カンターレ・オカリーナ スタンダード 3F

オカリーナの平本
〒309-1611 茨城県笠間市笠間2192-6
TEL:090-5416-2731
http://cantare.her.jp/

▶︎工房見学など受け付けていない工房・店舗もあります。必ず事前に確認をしてください。

 

今回も吹き比べをお願いした佐藤一美さんは、前号のソプラノC管と同様に、F管でもカンターレ・オカリーナを使用されています。明るすぎない音色が好みの様子で、今回評価が高かったのは、バランスのすぐれた楽器。中庸な息で全音域を吹けて、コントロールがしやすい、そして音色も暗すぎず明るすぎないものが多かったようです。次号はソプラノ管のラスト、ソプラノG管の試奏・検証を行なう予定なので、ご期待ください!








画像


Facebook

 


画像
投稿・応募ENTRY



読者プレゼント応募・投稿には
メンバーログインしてください