サックスオンライン_サックス奏者ガイド|小林香織|Kaori Kobayashi小林香織│Kaori Kobayashi
画像

小林香織 |
Kaori Kobayashi

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

1981年、神奈川県生まれ東京育ち、母はピアノ教師、父は写真家。中学1年から吹奏楽部でフルートを、高校2年でアルトサックスを始め、原ひとみ氏に師事。2000年に洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ボブ・ザング氏に師事。在学中より都内のライブハウス等で活動し、卒業後の2005年2月、ビクターエンタテインメントより「Solar」でメジャーデビュー。現在までにベストアルバムを含む12枚のアルバム、ライブDVD、譜面集2冊を発表。YouTubeにアップされた『Nothing's Gonna Change My Love For You』が世界中で多大なアクセス数を記録し新聞テレビで話題になり、アジアでの公演を行なう。2013年には台湾のサックスメーカーTKMelodyとの共同開発による小林香織モデルのサックスが発売される。2016年8月に発表した洋楽カバーアルバム「MELODY」では、魚類学者でタレントのさかなクンが参加したことで話題となる。現在、泉谷しげる、タケカワユキヒデらのライブサポートに加え、ジャンルを問わず様々なレコーディングにも参加する他、母校である洗足学園音楽大学ジャズコースの講師として後進の育成にも力を入れている。2018年9月26日キングレコードに移籍、その第一弾として全曲オリジナルのニューアルバム「Be myself!」を発表。

INSTRUMENT 使用楽器
ALTO
TK Melody 小林香織モデル,
MOUTHPIECE
SBV,
LIGATURE
SBV,
REED
バンドーレン V16,
CASE
TENOR
ヤマハ YTS-82Z,
MOUTHPIECE
リバイユ,
LIGATURE
REED
バンドーレン V16,
CASE
COLUMN 掲載記事
画像

タワレコおすすめCD! 「Be Myself 」小...

10.16.18


画像

小林香織 レーベル移籍 第1弾「Be myself...

09.25.18


画像

JVC CLASS-Sシリーズ × 小林香織  ア...

07.31.17


画像

小林香織 デビュー10周年の軌跡「STORY-10...

11.19.15


LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
< CDアルバム >
Glow 2007-03-19
< CDアルバム >
Shiny 2008-06-25
< CDアルバム >
Fine 2006-03-03
< CDアルバム >
Solar 2005-02-23
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

ボブ・ザング

(演奏の隅から隅まで、素晴らしすぎるから)

 

影響を受けたアルバム

マイケル・ブレッカー

『Sara's Touch』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

勉強が全くできなかったので、勉強せずに大人になる方法はないか考えた時に、「楽器をやろう!」と思いつきました。その時、漠然と興味があったのがサックスでした

■現在の楽器を選んだ理由

目に見えない繊細な要素がたくさん含まれているから


 

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

特に管理はしていないですね。リードヴァイタライザーを使っていた時があったんですが、ライブハウスに忘れてしまって取りに行ってないくらい(笑)。でも冬の乾燥した時期は怖いですね。リードの乾燥で音が出ないという、すごく嫌な思いを2年連続で経験したことがあって、今は水を入れたコップにリードを入れてステージの足元に置いています。本番中に換えたことはないんですが、置いているだけで安心できるんです。(「小林香織 ゴールデン・ベスト スコアブック」より)

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

小林香織 Black Berrys


(2011年6月〜10月 Billbord Osaka、Blue Note Nagoya、Blues Alley Japan)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

クラシックをやっていたので、マルセルミュールの教則本


 

■おすすめしたいこと

音楽はシンプルに! 作戦は必要ない!!

06.02.20

日本のフュージョン/スムースジャズ・サックスの先駆者として、1980年代からシーンを牽引してきた神崎ひさ
続きを読む>>


メニューリスト