サックスオンライン_サックス奏者ガイド|小山弦太郎|Gentaro Koyama
サックスアーティストトップ

小山弦太郎 | Gentaro Koyama

PROFILEINSTRUMENT LIVE INFODISCOGRAPHYCOLUMN
PROFILE プロフィール

長野県小諸市出身。16歳より武藤賢一郎氏に師事する。これまでにクロード・ドラングル、ジャン=イヴ・フルモー、ヴァンソン・ダヴィッド、ハバネラ・カルテットの各氏のマスタークラスを受講。桐朋学園大学音楽学部演奏学科を経て、昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。大学在学中より、全国各地で演奏活動を展開。2003年ノナカ・サクソフォンコンクール(クラシック部門)第4位入賞。2007年夏には台湾サクソフォーンキャンプに海外講師として招かれ、マスタークラスとコンサートを行う。ソロ活動では、2011年に初のソロアルバム「STORY」、2015年に2ndアルバム「rétro」をリリース。また、メンバーであるサクソフォーン四重奏団Quatuor Bが財団法人地域創造平成22,23年度公共ホール音楽活性化事業登録アーティストに選ばれ、全国各地で地域に密着した演奏活動を行っている。その数は年間約50公演に及んでいる。現在は支援アーティスト。当団体として「To"B"Continued」、「SAXOPHONE RENAISSANCE」(レコード芸術誌特選盤)、「アルルのサックス展覧会&ウォルタイムトラベル」、「Premier Quatuor 」(レコード芸術誌準特選盤)をリリース。これまでにNHK交響楽団、群馬交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、シエナウインドオーケストラの定期演奏会に客演出演。またサキソフォックスのメンバーとして、レコーディングやコンサート活動も全国各地で展開している。2012年度バンドジャーナル誌のワンポイントレッスンを担当。
長野県小諸高等学校音楽科非常勤講師、桐朋学園大学、昭和音楽大学、同短期大学、同大学院の非常勤講師。



INSTRUMENT 使用楽器
BODY
セルマー シリーズⅢ GP,
MOUTHPIECE
セルマーS90 180,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3,
CASE
BODY
セルマー シリーズⅢ PGP,
MOUTHPIECE
セルマーS80C☆,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3,
CASE
BODY
セルマー シリーズⅢ,
MOUTHPIECE
バンドーレンT20,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3,
CASE
BODY
セルマー シリーズⅡ,
MOUTHPIECE
ルソークラシック5R,
LIGATURE
REED
バンドーレン トラディショナル3、またはJAVA 2 1/2,
CASE
LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY サウンド
COLUMN 関連記事
画像

ビブラートの極意に迫る〜How to Vibrat...

03.25.14


生まれ
血液型
B
出身国
活動地域
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト

東京スカパラダイスオーケストラ

(サックスを始めるきっかけになったバンド。オシャレなスーツとスカのノリに魅了されました。今でも憧れです。かっこいい!! )

影響を受けたアルバム

プラネル

『プレリュードとサルタレロ』

関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

須川展也


(1997年8月 志賀高原森の音楽堂)

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

ヤナギサワが放つ、衝撃のネック止めネジがついに発売

09.13.19

奏者の間で“音や吹奏感が変わる”と話題のネック止めネジが、なんとあのヤナギサワか
続きを読む>>

内なる世界の旅人 D.マスランカの生涯とその作品群

06.11.19

2017年に惜しくもこの世を去った偉大なる作曲家デイヴィッド・マスランカ。その実息であるマシュー・マスラ
続きを読む>>


メニューリスト