サックスオンライン_サックス奏者ガイド|山浦雅也|MASAYA YAMAURA山浦雅也|MASAYA YAMAURA
画像

山浦雅也 |
MASAYA YAMAURA

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

福島県出身。15歳よりサクソフォーンを始める。
県立会津高等学校卒業。
学校法人尚美学園・東京ミュージック&メディアアーツ尚美、管弦打楽器科・本科コースを経て、芸術表現アカデミー学科をともに首席にて卒業。両科の卒業演奏会に出演。ヤマハ管楽器新人演奏会出演。
板橋区クラシック音楽オーディション合格。
その後、同校管弦打楽器学科演奏室員としてさらなる研鑽をつむ。
尚美ミュージックカレッジ非常勤講師。東京音楽学院、スミナガ楽器講師。
板橋区演奏家協会理事。会津演奏家連盟員。(財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業登録アーティスト。
サクソフォーン四重奏団「Quatuor B」アルトサクソフォーン奏者。ズーラシアンウィンドアンサンブルおよび、サキソフォックスメンバー。また地元・会津においても、定期的なコンサートや後進の指導、吹奏楽団ワタルバンドのコンサートマスターとして、精力的な活動を続けている。サクソフォーンを新井靖志氏に、室内楽を中村均一氏に師事。JeanYvesFourmeau氏のマスタークラスを受講。

COLUMN 掲載記事
画像

ビブラートの極意に迫る〜How to Vibrat...

2014-03-25


DISCOGRAPHY CD/BOOKS
INSTRUMENT 使用楽器
SOPRANO
ヤナギサワ992PGP,
MOUTHPIECE
セルマーS90 170,
LIGATURE
REED
バンドーレントラディショナル3½,
CASE
ALTO
セルマーシリーズII GP,
MOUTHPIECE
セルマーS90 170,
LIGATURE
REED
バンドーレントラディショナル3,
CASE
影響を受けたアーティスト

須川展也氏、トルヴェールカルテット。初めてCDで聴いた各氏。その美しい音がサクソフォーンの音色なのだと植えつけられ、その音で育ち、その音を目指してきました。それは今でも変わりません!!

影響を受けたアルバム

ピエルネ『民謡風ロンドの主題による序奏と変奏』サックスを始めて半年、アンサンブルコンテストのために初めて演奏した四重奏曲。曲に対して技術レベルはまったく追いついていなかったですが、気持ちだけで練習し奇跡的に東北大会まで勝ち進み、サックスにのめり込み、心奪われるきっかけとなった曲です。

■印象に残っている演奏

自分(2009年8月会津若松市民文化センター)初の自主公演・主催のリサイタルでした。プレイヤーとして歩きだして5年目に、それまでの感謝や恩返しの気持ちを込めて故郷で渾身のプログラムで演奏しました。


メニューリスト