サックスオンライン_サックス奏者ガイド|スティーブ・サックス|Steve Sacks

スティーブ・サックス |
Steve Sacks

PROFILE使用楽器掲載記事 ライブ情報ディスコグラフィ
PROFILE プロフィール

ジャズのサックス・プレイヤー、またハーバード大卒音楽理論学者としてスタートしたスティーブ・サックスは、ラテンやブラジル音楽そしてジャズの豊かさと多様さを音楽活動の中心に置いて、40年以上になる。スペイン語とポルトガル語が流暢で、20年に及んでニューヨークのラテン音楽シーンで活躍してきた。共に演奏、録音または編曲を担当したアーティストには、ティト・プエンテ、モンゴ・サンタマリア、パキート・デリヴェラ、NORA、熱帯ジャズ楽団、小野リサなどがいる。1999年から東京に移り、2008年から自己リーダーバンドMambo Inn で東京や日本全国をツアーしたり、3枚のCD「Mambo Around The World」「Five Brothers」「Good News」を発売した。更に、ブラジル系オリジナル曲をフィーチャーしたニューヨーク収録のアルバム「初夢 First Dream」も発売中。

INSTRUMENT 使用楽器
ALTO
Semler Mark VI,
MOUTHPIECE
NY Meyer 5番,
LIGATURE
KODAMA,
REED
Vandoren JAVA 2 1/2,
CASE
COLUMN 掲載記事
画像

TOKYO Big Band CD「SAKURA」...

03.27.19


画像

ラテンジャズ・サックス! スティーブ・サックス&加...

08.02.18


LIVE INFO スケジュール
DISCOGRAPHY CD/BOOKS
ARTIST HP
演奏楽器
演奏ジャンル
演奏スタイル
影響を受けたアーティスト
影響を受けたアルバム
関連アーティスト
SAXを始めた頃

■音楽ジャンルへの目覚め

■初めて楽器にふれたきっかけ

■現在の楽器を選んだ理由

■愛器のご自慢ポイント

■楽器選びで重視すること

■ケア・メンテナンスの仕方

■リードの保存方法

■よく演奏する楽曲

■印象に残っている演奏

■いつかやってみたいこと

■ためになった失敗談

■ウォーミングアップ方法

■よく行う練習について

■主に使用した、おすすめの教則本

■おすすめしたいこと

音楽はシンプルに! 作戦は必要ない!!

06.02.20

日本のフュージョン/スムースジャズ・サックスの先駆者として、1980年代からシーンを牽引してきた神崎ひさ
続きを読む>>


メニューリスト