サックス記事

サクソフォン年表

Chronicle of Saxophone
THE SAX vol.65,66 掲載(年表作成:宮崎真一)の内容を元に加筆・修正した年表を掲載。
サクソフォンの歴史を知る助けとなるだろう。
 
1840年代
アドルフ・サックス、サクソフォンの製造を開始
1842
アドルフ・サックス、パリに店を開く
1844
サクソフォン、パリ工業博に登場、ベルリオーズ「聖歌」バスサクソフォンを含むアンサンブル。カストネのオラトリオ「ユダヤ最後の王」でサクソフォン使用
1845
サクソフォン、サクソルン属とともに軍楽隊の編成に加えられる。カストネ、サクソフォン独奏曲と六重奏曲を作曲。サクソルン、サクソトロンバの特許
1846
アドルフ・サックスによってサクソフォンの特許。
1848
2月革命。フランス第2共和制はじまる。国民軍にサクソフォン採用
1853
アメリカで初の独奏楽器としてのサクソフォンの演奏。独奏アンリ・ヴィル。ルイ・A・ジュリアン指揮のアンサンブルの演奏会で
1857
パリ国立音楽院にサクソフォン科設置。初代教授はアドルフ・サックス。サンジュレー、パリ国立音楽院のコンテスト用に2曲作曲。協奏曲(Sop/Ten)幻想曲(Bar)
1862
ドゥメルスマン「幻想曲」発表
1866
サクソフォンの特許失効。各メーカーのサクソフォン製造はじまる。特許破綻と同時にビュッフェ・クランポン、サクソフォンの製造を開始
1870
パリ音楽院サクソフォン科、財政難のため閉鎖。
1872
ビゼー「アルルの女」初演
1873
アメリカの吹奏楽団長パトリック・ギルモア、ニューヨークではじめて楽団にサクソフォンをとりいれる
1877
クローゼのサクソフォンのメソード発表
1880
ドルネイ社、サクソフォン製造開始
1882
ケノン社、サクソフォン製造開始
1887
ビュッフェ・クランポン社「イヴェット&シェファー」モデル誕生。第2世代サクソフォンのパイオニア
1888
コーン社「Worchester」モデル誕生。アメリカ初のサクソフォン
1890
ブッシャー社「トゥルートーン」モデル誕生
1894
アドルフ・サックス没
ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」初演
1895
コーン社「Wonder」モデル誕生
1896
コフィン、最初期のコロンビアレコードに録音
1900
ボストンの裕福な女性アマチュア奏者エリーズ・ホール、ヨーロッパの有名作曲家に最初のサクソフォン曲を委嘱(Loeffler/Divertisment)
1   |   2      次へ>