サックス記事

サックスの種類:ソプラノ〜バリトンまで

サックスという楽器を知ろう♪【第2回】

サックスは何種類ある?

サックスというと最初に思い浮かぶのがアルトサックス、もしくはテナーサックスでしょう。このほかにもソプラニーノサックス、ソプラノサックス、バリトンサックス、バスサックスとたくさんの種類があります。
アドルフ・サックスは開発した当時、なんと14種類もの楽器を作ったそうです。すでに確立されたオーケストラに入ることは難しかったからでしょう。サックス属だけでオーケストラやアンサンブルをできるように考えたと思われます。
一般的にはソプラノ、アルト、テナー、バリトンサックス(上写真左から)の4種類が使われることが多く、クラシックのサックス四重奏ではお馴染みですし、ビッグバンドでもアルトとテナー、バリトンをメインにセクションを担い、曲によっては、持ち替えでソプラノも多用されます。

サックスは移調楽器?

それぞれのサックスの音域を知る前に、サックスが移調楽器であることを説明しておきます。ピアノでドを弾いたときに、サックスでドを吹くと、違う音が鳴ってしまいます。もともとピアノの音と同じC調やF調のサックスもあったのですが、現在使われているアルトとバリトンの調子はミ♭(E♭)、ソプラノとテナーはシ♭(B♭)です。マーチングや吹奏楽などで必要性の高いE♭管とB♭管が残り、C管は定着することなく現在ではほとんど見かけなくなりました。
ピアノで出る音を「実音(じつおん)」(ドを弾いたらドの音が出ます)と言いますが、サックスはなぜ調子を変えるような面倒なことをしたのでしょうか?
管楽器は管の長さによって音の高さが変わります。そのためピアノなどの実音表記の楽譜を演奏する場合、アルト、バリトンではピアノのドの音がラに、ソプラノ、テナーではドがレになるといった具合に、ピアノの楽譜をそのまま演奏すると違う音、違うキーになってしまいます。
そこで楽譜に書かれた音と同じ指使いで吹けるよう、サックスなどの移調楽器は「記譜音(きふおん)」で書かれます。
管楽器で実音の楽器は少なく、フルート、オーボエ、ファゴット、C菅のトランペット、チューバぐらいなのです。

それぞれの楽器の音域は?

ではそれぞれの楽器の音域を見ていきましょう。

  ※ソプラノは、機種によってはG音まで出る

ソプラノからバリトンまで使うとかなり広い音域レンジが得られます。同族楽器ならではの音の融合、美しいハーモニーが持ち味のサックス四重奏は、弦楽カルテットのような豊かな表現力が魅力です。ジャズ、ポップスにおいてもサックスセクションの力強く迫力のサウンドといった具合に、どんなジャンルにおいても人気の楽器ということが窺えますね。

第3回は「楽器の構造を知ろう」(7/17公開予定)。お楽しみに!