サックス記事

【徹底検証シリーズ】B.AIR エアスルー減音サポートシステム編

B.AIRから発売された「エアスルー減音サポートシステム」とは!?THE SAX編集部員が試してみた

減音?サポートシステム?THE SAX編集部員がガチで試してみた!


さぁ始まりました!

THE SAX編集部員がお送りする「徹底検証シリーズ」
今回で 3回目 となりました。みなさんご覧いただけましたでしょうか?世の中にはみなさんのサックスライフを良いものにしたい一心で前進されているメーカーさんがたくさんあります。新しいアイディアをもとに研究と開発……メーカーさんの企業努力には脱帽です!そんな中で、今回も斬新で画期的な商品をご紹介します。


今年7月にバードストラップで有名なB.AIRさんから発売された
「エアスルー減音サポートシステム」をご紹介します!

200A6143

既にプロミュージシャンの試奏などで話題になっているので、気になっていた方は多いのではないでしょうか?そもそも減音サポートとは?などの使い方以外も解説していきたいと思います。


検証条件は前回と変わりなく、以下で進めていきます!

 

検証条件

●今回の検証は 「騒音測定器」を使って、サックスの音が何dB(デシベル)消音されるか を検証していきます。※30dB〜MAX130dBの騒音計測ができる測定機を使用

00_opening (1)


●測定する室内環境は鉄筋コンクリート(RC造り)の部屋で、下記の4箇所から同一条件で測定。

・演奏する部屋
・隣の部屋(防音なしの薄壁)
・演奏する部屋のベランダ側の窓付近(窓は通常サッシ)
・玄関先


騒音レベルのクリア値として 「55dB以下」を目標 に検証します
騒音の基準についての記事は前回の記事ページをご覧ください♪

試奏と商品の評価について

商品を試奏し、良かった点、悪かった点をそれぞれ評価します。
なお商品によってコンセプトが異なるため、以下の5つの項目を考慮し総評します。

1、消音・防音効果 → 目標dB値にどれだけ近づくか

2、使いやすさ → 使ってみた利便性や機能性

3、ユニークさ → 商品のオリジナリティやアイデア

4、用途の広さ → 活用してできる練習の幅の広さ

5、コストパフォーマンス → 上記を加味した商品の値段

 

さあ、いざ検証です!

……と、その前に。

1   |   2   |   3   |   4      次へ>