T-SQUAREの安藤正容、年内ツアーで引退を発表

T-SQUARE

伊東たけし氏(Sax)とともに、T-SQUAREを支えてきたギターの安藤正容氏が、今春に発売されるニューアルバムのツアーを最後に、T-SQUAREを引退することになった。オフィシャルサイトによると、数年前から「年齢を重ねるごとに一年がとても短く感じるようになった。自分が足を引っ張るような形になるのは避けなければならい」と考えていたことが伝えられている。
安藤氏はT-SQUAREからの引退のみで音楽活動全般に対しては活動を続けていくとのことで、「またいつかスクエアのメンバーとステージに立つ事があるかも知れません。自分勝手な決断ではありますが、引き続きT-SQUARE alphaと共に、安藤正容の活動も応援して頂けるよう御理解頂けたら幸いです」とファンにメッセージを送っている。
T-SQUAREは、昨年8月にキーボードの河野啓三氏が脳出血の後遺症により脱退したが、今後は伊東たけし(Sax, EWI, Flute)、坂東慧(Ds)にサポートメンバーを加えて活動してくとのことだ。

T-SQUARE CONCERT TOUR 2021
5/23(日)神奈川県 KT Zepp Yokohama
6/6(日)北海道 Zepp Sapporo
6/20(日)愛知県 Zepp Nagoya
6/26(土)大阪府 なんばHatch
7/23(金・祝)福岡県 Zepp Fukuoka

 
※掲載したコンサート、ライブなどイベントは、新型コロナウイルスの感染防止のため、中止・延期・内容変更になることがございます。必ず主催者に確認の上、おでかけください。
登場するアーティスト

伊東たけし
Takeshi Itoh

1954年3月15日生まれ。福岡県出身。大学在学中よりソロ・サックス・プレイヤーとして活動する傍ら、学生ビッグバンドに加入し、コンサート・マスターを務める。数々のコンテストに参加し、多くの賞を獲得。77年にザ・スクェア(現T-SQUARE)に加入し、78年にプロ・デビュー。以来、バンドのフロント・マンとして活躍し、多くのアルバムをリリース。同時にソロ・プレイヤーとしても数々の作品を発表してきた。91年にバンドを退団してソロ活動を開始するが、2000年にT-SQUAREに復帰し、以降も精力的に活動中。2007年に発表したソロ名義のアルバム『Mellow Madness』も好評を得ている。